お腹周りの脂肪を落とすならスクワット【痩せたい人は食事と筋トレ】

お腹周りの脂肪をスクワットで落とした女性ダイエット
スポンサーリンク

「お腹周りの脂肪はスクワットで落ちるの?」
「お腹周りの脂肪を落とすには何をすればいいの?」
と、お悩みの方は必見の記事になっています。

お腹周りといえば、最初について最後に落ちるといわれているほどやっかいな脂肪です。

この脂肪を落とすために何をすればいいのか、お悩みを解決する記事になっております。

本記事ではなぜお腹周りの脂肪を落とすにはスクワットがいいのかを解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーです。

よくクライアント様から「お腹周りの脂肪を落としたい」という相談を受けます。

この記事を読んでいる方も、お腹周りの脂肪に悩んでいる方だと思います。

お腹周りの脂肪を落とす方法について、詳しく解説していきます。

Tommy
Tommy

お腹周りの脂肪はスクワットで落としちゃおう!

スポンサーリンク

お腹周りの脂肪を落とすのはスクワット

お腹周りが痩せた女性

お腹周りの脂肪が気になるという人が多いですが、そんな人にはスクワットがおすすめです。

スクワットをすることで、

スクワットをすることで

・筋肉量が増えるので基礎代謝量が高まる

・基礎代謝量が高いと痩せやすい体になる

・全身の脂肪が落ちやすくなるので、お腹周りも痩せていく

筋肉量を増やすために一番効率的なのが、スクワットということです。

スクワットは脚全体の筋肉を鍛える筋トレで、脚の筋肉は全身の70%を占めています。

スクワットだけで全身の70%の筋肉を鍛えられるので、非常に効率的ですね。

スクワットは多くの筋肉を鍛える筋トレなので、休息日をきちんと設けてスケジュールを立てましょう。

1日おきにスクワットをするペースが、疲労も溜まりにくく筋肉も鍛えられるペースです。

続けられるように、無理なく計画的に行ないましょう。

Tommy
Tommy

お腹周りの脂肪を落とすには、全身の脂肪を落とさなきゃいけない!

スポンサーリンク

お腹の脂肪を落としたいならやめるべきこと

お腹周りを痩せたいのでストレッチをする女性

腹筋運動をやめよう

お腹周りを痩せたい人に「腹筋はやめましょう!」というと大体はびっくりするのですが、まず腹筋運動をやめましょう。

腹筋運動のみをやってお腹周りの脂肪を落とそうとしているのであれば、効率が悪すぎるからです。

お腹周りを痩せるということは、広い意味でいうと体の脂肪を落とすということです。

脂肪を落とすために必要なことは二つです。

・正しい食事制限

・全身の筋力トレーニング

食事制限でカロリーを減らすことで、脂肪を落とします。

そして、全身の筋トレをして基礎代謝量をアップさせて痩せやすい体を作るということです。

腹筋は体の中でも小さい筋肉です。

小さい腹筋をいくら鍛えても脂肪を落とすくらいの筋肉はつかないですし、基礎代謝量もそんなに変わりません。

また、いくら集中して動かしたとしても部分痩せというのが難しいです。

腹筋運動を頑張ったとしても、お腹周りの脂肪が優先的に落ちるということはありません。

お腹を痩せるために腹筋運動をやることは、近道に見えても遠回りになっています。

部分痩せが無理な理由について、下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:部分痩せは絶対に不可能!お腹が気になるなら全身痩せを目指そう

Tommy
Tommy

大事なのは、食事制限と筋トレで全身の脂肪を落とすこと!腹筋運動だけじゃ効率悪い!

ジョギング

ダイエット=ジョギングという認識が広まっているので、お腹周りを痩せたい人もジョギングを頑張ってしまうでしょう。

しかし、ジョギングは苦しくてきついわりには、効果が薄いので、ダイエット自体を挫折してしまう人が多いです。

筋トレと合わせてジョギングをするのであれば効果は期待できますが、ジョギングのみで痩せようとするのは効果が薄いです。

なぜ効果が薄いのかというと、ジョギング単体の消費カロリーが低いからです。

初心者の方は、せいぜい走れても30分程度だと思います。

60kgの人が少し早めのペースで30分走った場合の消費カロリーは、約250キロカロリーです。

30分つらい思いをして、250キロカロリーしか消費できていないのは正直物足りないと思います。

これを週3回、1ヶ月続けたとしても3,000㎉の消費なので、脂肪だけだと500gしか減りません。

全身の脂肪が500gの脂肪が減っただけでは、お腹周りの脂肪はそれほど落ちておらず見た目も変わらないと思います。

健康のためにジョギングを始めるというのであれば、いい運動にはなると思います。

しかし、お腹周りを痩せたいという目標がある人には、あまりオススメする運動方法ではありません。

Tommy
Tommy

ダイエットのためのジョギングは挫折率がかなり高いです。効果を早く出すためにも、ジョギングで痩せようと思っちゃダメ!

スポンサーリンク

お腹周りの脂肪を落とすには筋トレと食事

お腹周りを痩せたいのでスクワットをする女性

筋トレ

お腹の脂肪を落とすための筋トレで一番大事なのが、スクワットです。

余裕があれば、より効率的に筋肉を鍛えるために全身の筋トレをしましょう。

鍛えられる筋肉量が多いほうが、消費カロリーも高まるので脂肪が燃焼しやすくなります

筋トレを続けて筋肉量がある限り、1日の消費カロリーは高まったままになります。

痩せやすい体質を作れば、お腹周りの脂肪もはやくに落とすことができますね。

自宅でできる筋トレメニューについて、下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:自宅でできる!ダイエットにおすすめの筋トレ6選【女性におすすめ】

Tommy
Tommy

痩せたいなら筋トレは必須だね。

食事制限をしましょう

食事制限をすることで、全身の脂肪を落とすことができるので、結果的にお腹周りを痩せることができます。

一日のカロリー収支がマイナスになれば、脂肪は落ちていきます。

カロリー収支というのは、一日の「消費カロリーと摂取カロリーの差」のことを言います。

食事制限をすれば摂取カロリーが少なくなるので、カロリー収支はマイナス方向に傾きやすいです。

カロリー制限については、下記の記事で詳しく解説してます。

関連記事:ダイエットは正しくカロリー制限することが大事【目安を知ろう】

しかし無理な食事制限をして、脂肪だけではなく筋肉も落としてしまっては意味がありません。

食事の質にもこだわり、筋肉が落ちないようにしましょう。

・タンパク質メインの食事をとろう

・1日あたり体重×1.5gのタンパク質はとりましょう

・脂質を控えめにしましょう

筋肉を落とさないためにはタンパク質が重要です。

タンパク質メインで炭水化物か脂質を抑えて食事メニューを組みましょう。

体重が60㎏の人は1日120gのタンパク質が必要になります。

1日3食必ずタンパク質をとるように意識しましょう。

また炭水化物は、朝と昼は食べても構いませんが、夜はなるべく食べないようにしましょう。

夜は活動量が落ちて食べたものを消化しきれなくなるので、炭水化物を少なくして食事の量も控えめにしましょう。

脂質に関しては一般的な定食などの食事をとっていれば、極端に多くなることはありません。

一日を通して、高タンパク質・低炭水化物を意識した食事をとりましょう。

Tommy
Tommy

食べないのではなく、食事の質を意識するようにしよう!炭水化物を控えてその分タンパク質で栄養を摂ろう!

基礎代謝量を高めるようにしよう

基礎代謝量が高まれば、脂肪が落ちやすくなりお腹周りの脂肪はどんどんなくなっていきます。

基礎代謝量とは、「一日寝たきりの状態でも消費されるカロリーのこと」です。

この基礎代謝量が高まれば、一日の消費カロリーが増えるので、カロリー収支はマイナスになりやすいです。

この基礎代謝量を高めるためには、「筋肉量をアップさせること」と「体温を高めること」が重要です。

腹筋運動をやっても筋肉量は増えるのですが、ほんの少しづつしか増えません。

それだったら、筋肉量の多い脚の筋肉を鍛える筋トレをしたほうが、効率的に基礎代謝量を高めることができます。

そして、筋肉量が増えると体温も上がりやすいので、さらに基礎代謝量が高まります。

知らない間に勝手にカロリーを消費してくれる基礎代謝量は、高くて損をすることはありません。

基礎代謝を高めるためには、筋トレをして体を冷やさないようにすることが大切です。

Tommy
Tommy

基礎代謝量が高いほうが痩せやすい!

お腹周りの脂肪は多くの人が、悩んでいち早く落としたいと思う部位ですよね。

しかし、そんなお腹周りの脂肪を落とすための近道はありません。

お腹周りの脂肪を落とすためには、筋肉量を増やすために筋トレをする。

そして、食事制限をしてカロリー収支をマイナスにし続ける。

こうすることで、全身の脂肪が落ちてくるのでお腹周りもスッキリしてくるはずです。

腹筋運動だけをしてお腹周りを痩せたいと思っているなら、かなりの遠回りですよ。

筋トレと食事制限で、すっきりとしたお腹周りを手に入れましょう。

Tommy
Tommy

やり方さえ間違わなければ、だれでも痩せることができる!食事制限と筋トレで、お腹周りをスッキリさせよう!

コメント