筋トレしても痩せないのはなぜ?【痩せるために意識することは3つ】

筋トレしても痩せない女性ダイエット
スポンサーリンク

「筋トレをしても全然痩せないけど、なぜ?」
「痩せるためには筋トレがいいんじゃないの?」
「きちんと痩せる方法が知りたい」
と、筋トレを始めたのに全然痩せないと悩んでいる方。

パーソナルトレーニングジムが流行ってから、「筋トレ=ダイエット」というイメージがついたと思います。

しかし、多くの人は筋トレをしても痩せないまま挫折をしてしまいます。

筋トレだけをしても痩せないのは当たり前で、痩せるために意識することが3つあるのです。

そこで本記事では、筋トレをしても痩せない人が意識すること3つについて解説していきます。

本記事の内容

・筋トレをしても痩せないのはなぜ?

・筋トレしても痩せない人が意識すること3つ

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで年間1,500セッションを担当しております。

お客様の多くは、痩せたいという目標をもってパーソナルジムに来られます。

そんなお客様に最初にお伝えするのが「筋トレは痩せやすい体質に変えるものです」ということ。

実際に痩せるためには、筋トレ以外で意識しなければいけないことがあります。

そこを本記事で詳しく解説していきます。

Tommy
Tommy

筋トレだけで痩せないのは当たり前!

スポンサーリンク

筋トレしても痩せないのはなぜ?

筋トレをしても痩せないのに頑張る女性

筋トレをしても痩せないのはなぜなのか?

結論からお伝えすると

筋トレは筋肉をつけるための運動だから

です。

筋トレ自体はそこまで、大きな消費カロリーはありません。

1時間筋トレしていたとしても、300kcalほどです。

週2回筋トレをしたとしても、「300kcal×2回=600kcal」

1ヶ月(4週間)続けても、2,400kcalしか消費されない

1kgの脂肪を落とすためには7,200kcalを消費する必要があるので、3ヶ月かかってしまう

筋トレだけを頑張ったとして、3ヶ月かかってやっと1kgの脂肪が落ちる計算になりますね。

きつい筋トレを3ヶ月続けて、1kgしか脂肪が落ちないとしたら絶望的ですよね。

ただ、『あくまで筋トレだけでは痩せない』という意味なのです。

太りやすい体質を変えるためには、絶対に筋トレは必要です。

筋トレをすることで

・筋肉量が増えて代謝が良くなる

・見た目が引き締まって見える

・体重が変わらなくても見た目が変わる

ので、ダイエットに筋トレを取り入れるのは間違いではありませんよ。

関連記事:ダイエットは正しくカロリー制限することが大事【目安を知ろう】

筋トレの目的は

筋肉量を増やして痩せやすい体質に変えること

です。

美しく痩せつためには筋トレが必要ですが、それだけでは痩せないということです。

スポンサーリンク

筋トレしても痩せない人が意識すること3つ

痩せない女性が筋トレをしている

筋トレ以外で痩せるために意識することは3つだけです。

これができれば、少しずつ痩せていくはずですので意識してみましょう。

①カロリーをコントロールする

②バランスよく栄養をとる

③日常生活で体を動かす

この3つです。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

カロリーをコントロールする

カロリーをコントロールするというのは

食べ過ぎないということ

です。

筋トレしても痩せないという人の多くは、食事の意識が薄くなっています。

消費するカロリーよりも体に入るカロリーの方が多いので、痩せないということです。

この摂取カロリーをコントロールすることで、痩せることができます。

1日の摂取カロリーの目安は

摂取カロリーの目安=「体重×28」

という計算式で出すことができます。

例えば、体重が60㎏であれば「60㎏×28=1,680kcal」が1日の摂取カロリーの目安になります。

これ以上のカロリーを摂ればとるほど、脂肪として蓄えてしまいます。

ご自身の体重に当てはめて、摂取カロリーを知りましょう。

関連記事:【ダイエット】カロリーを制限すれば必ず痩せはる!リバウンドを防ごう

バランスよく栄養をとる

ここでいう栄養とは「タンパク質・脂質・炭水化物」のことです。

この3つのバランスを考えながら食事ができると、さらに痩せやすくなります。

日本人の多くは意識をしないと、炭水化物が多くなりタンパク質が不足しがち。

タンパク質が不足すると、筋トレ効果も得られなくなるので痩せないということです。

バランスをとるためにも、タンパク質を意識して食事をとるようにしましょう。

理想的なバランスは「タンパク質:脂質:炭水化物=4:2:4」でとるようにしましょう。

1日の摂取カロリーの目安が1,500kcalの場合は

タンパク質と炭水化物は1gあたり4kcal、脂質は9kcal

・タンパク質 600kcal(150g)

・脂質 300kcal(33g)

・炭水化物 600kcal(150g)

となります。

最近は商品の裏に成分表が記載されているので、カロリーがわかりやすくなっています。

購入するときに確認するクセをつけましょう。

日常生活で体を動かす

普段の生活でなるべく体を動かすことを意識しましょう。

筋トレ以外に運動をするということではなく、なるべく階段を使ったり歩いたりするということです。

・駅まで歩くようにする

・エスカレーターではなく階段を使う

・電車の中では座らずに立つようにする

など

「塵も積もれば山となる」といいますが、少しずつ消費カロリーを積み重ねることが大事です。

無理に運動する必要はないので、日常の何気ない動きでカロリーを消費するようにしましょう。

筋トレだけしていて痩せないと言っていた人の多くは、日常生活では動く意識はなかったのではないでしょうか?

運動しているつもりがなくて、運動しているという状態が一番続きやすいです。

日常生活の中で、なるべく体を動かしてみましょう。

Tommy
Tommy

筋トレと合わせて意識するだけで、痩せやすくなるよ!

筋トレをしても痩せないという人の多くは、本当に筋トレしかやってなかったのかもしれません。

痩せるためには、「摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす」ことが基本になります。

筋トレだけでは、消費カロリーは少ないですから痩せないのは当たり前ですね。

しかし、痩せるために筋トレを取り入れたのは素晴らしいことです。

ぜひ筋トレは継続して痩せやすい体質を作るようにしてください。

筋トレと合わせて食事の意識を変えると、少しずつ体型はかわってくるはずです。

本記事の内容を参考にしていただき、ぜひ理想の体を作ってください。

Tommy
Tommy

筋トレだけで痩せない人は、食事の意識を変えよう!

コメント