筋トレメソッド

筋トレメソッド

マンデルブロトレーニングのやり方を現役プロトレーナーが解説

マンデルブロトレーニングのやり方を知らないという方は、多くいると思います。マンデルブロトレーニングは「毎回重量を変えて筋肉への刺激を変える」筋トレ方法です。本記事で、さらに詳しく「マンデルブロトレーニングのやり方」について解説しています。
筋トレメソッド

【筋トレ】理想の回数とセット数は?10回3セットはもう古い

筋トレで理想の回数とセット数は、筋トレ歴やレベルによって変わります。よく言われる10回3セットでやっているのであれば、筋トレ効果が頭打ちになるのも時間の問題です。本記事で、理想の回数やセット数について詳しく解説しております。
筋トレメソッド

筋トレは筋肉に効かせることが重要【効かせるコツをプロが解説】

筋トレで筋肉に100%効かせるコツは、正しいフォームにあります。重量にこだわって無理な重さで筋トレをしてしまうと、効かせるべき筋肉に効かないばかりか、怪我のリスクがあります。本記事では筋トレで筋肉に効かせるコツを詳しく解説していきます。
筋トレメソッド

【筋トレ】自重トレーニングでは限界がある?効果をだすポイント3つ

自重トレーニングでは筋肉を鍛えるのには限界があります。なぜなら、自分の体重以上の負荷をかけることができないからです。しかし、ちょっとした意識の違いやアイテムをつかうことで、負荷を最大限に高めることが可能です。自重トレで限界を突破しよう!
筋トレメソッド

筋肥大に効果的なトレーニング!ストレッチ種目で筋肉を成長させよう

筋肥大させるためのトレーニングは「ストレッチ種目で鍛えること」です。ストレッチ種目とは、筋肉が伸ばされているときに一番負荷のかかる種目のことです。ストレッチされているときに負荷がかかると、筋肉の成長因子がでるのでおすすめのトレーニングです。
筋トレメソッド

【筋トレ】セット間のインターバルは何分がいい?筋肥大に最適な時間

筋トレのセット間のインターバルは「3~5分」がベストです。筋肉の回復度合いや呼吸が整っているかなどの要因で変わるのですが、3分以上はインターバルをとるようにしましょう。本記事でセット間のインターバルについて詳しく解説しております。
筋トレメソッド

筋トレの時間がない人が短時間で鍛える方法【最低30分は作るべし】

筋トレの時間がないから体が鍛えられないと思っていませんか?筋トレは1日の中で30分だけでも時間が作れれば、十分できる運動です。無理に1時間以上の時間を作る必要もなく、30分でしっかり体を鍛えることができる方法をお伝えします。
筋トレメソッド

【筋トレ】重量が伸びない人の原因3つ。コレをすれば重量が伸びる!

重量が伸びない人の原因には、共通点があります。重量が伸びないということは、筋肉の成長もないということです。重量の伸びない原因がわかれば、重量はどんどん伸びていきます。本記事で、筋トレの重量が伸びない原因について解説していきます。
筋トレメソッド

筋トレ初心者は全身法で鍛えるべき【週2~3回なら全身法でOK】

筋トレ初心者は全身法で鍛えることをオススメします。週2回全身法で鍛えることで、正しいフォームを早く覚えることができます。本記事で、筋トレ初心者に全身法で鍛えることをオススメする理由について、詳しく解説しています。
筋トレメソッド

【筋トレ】高負荷と低負荷はどっちが効果的?結論は交互にやるべき

筋トレは高負荷と低負荷はどっちも大事です。高負荷も低負荷も筋肥大に有効なので、交互にやるようにしましょう。しかし筋トレ初心者の場合、正しいフォームを覚えることが大事です。フォームを覚えるまでは、低負荷で15~20回やるようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました