筋トレの時間がない人が短時間で鍛える方法【最低30分は作るべし】

筋トレの時間がない男性筋トレメソッド
スポンサーリンク

「筋トレをする時間がないけど、体を鍛えたい」
「時間がない人が鍛えられる方法があれば知りたい」
と、忙しくて筋トレをする時間がないという人。

筋トレは1時間くらいを目安にできるのが、理想的です。

しかし、現実的に仕事が忙しくて1時間以上の時間を作ることができない人もいると思います。

そういう人は、最低でも30分の時間でも作るようにしましょう。

30分であれば、一日の中で作れそうな気がしませんか?

スポーツジムにしても、着替えを含めて45分くらいの時間が作れれば、十分鍛えられます。

そこで本記事では筋トレの時間がない人が短時間で鍛える方法について解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで週4~5日は自分自身の筋トレをしています。

毎日1時間以上の時間があるわけではなく、30分しか筋トレができないときもありますが、効果は十分にでています。

30分しか時間がないのであれば、30分で効果の出るやり方で筋トレをします。

1時間くらい筋トレができればベストだと思いますが、30分でもやらないよりは効果は十分にあります。

筋トレをする時間がない人は、最低30分の時間を作って体を鍛えていきましょう。

<br>Tommy

Tommy

筋トレを1時間できればベストだけど、できないなら30分でもやるべき。やらないのと30分でも筋トレをするのは、天と地の差があるよ!

スポンサーリンク

筋トレの時間がない人が短時間で鍛える方法

筋トレを短時間で終わらせた2人

重量を上げて4種目2セットずつで鍛えよう

時間がない人でも短時間で鍛える方法は「負荷を高めて少ないセット数で追い込むこと」が大切です。

2セットだけでいいので、その分重量を上げて追い込むことを意識してみましょう。

1セット目に10回ギリギリで出来る重量に設定して、2セット目は回数が下がってもいいので重量は変えないことが大切です。

多くの人はインターバルを1分ほどにして、重量を下げて10回やろうとします。

ベンチプレス

1セット目80㎏10回 → 2セット目70㎏10回 ではなく
回数が下がっても2セット目は80㎏6回でもいい。

全ての種目で同じような考えで、重量を考えるようにしましょう。

30分であれば4種目各2セットずつできるはずです。

インターバルを2分30秒~3分くらいとるようにして、重量を変えずに2セットやるようにしましょう。

Tommy
Tommy

2セットだけでいいので、重量を上げてやるようにしよう!重量は変えずにインターバルを長めにとって、追い込もう!

スポンサーリンク

30分で鍛える筋トレメニュー

短時間の筋トレで追い込む男性

4種目やることになるのですが、1回でなるべく全身鍛えるのがいいです。

「胸・背中・肩・脚」の4部位を各1種目ずつやるようにしましょう。

背中
ベンチプレスラットプルダウンショルダープレススクワット

1セット目で10回ギリギリできる重量に設定して、2セット目は回数が下がってもいいので重量はそのままです。

インターバルを3分以内にすれば30分で終わる計算になるので、十分に追い込めます。

フォームに不安があるときは、意識できるように1セット目で15~20回できる重量に設定しましょう。

2セット目も同じように重量を変えずに、限界までやるようにするとフォームの習得もできるはずです。

最初のうちは上記の4種目を週2~3回やるようにすれば、全身をまんべんなく鍛えられます。

Tommy
Tommy

胸・背中・肩・脚の筋トレをすれば、ほぼ全身をまんべんなく鍛えることができる。30分でしっかり追い込もう!

スポンサーリンク

筋トレの時間を1日30分だけ作ろう

時間がなくても効果がでるといっても、筋肉を増やして体のラインを変えるためには最低30分の時間は必要です。

毎日筋トレの時間が作れなくてもいいですが、週2~3日は30分の時間を作り筋トレをするようにしましょう。

30分の時間を作るには、1日の無駄をなくすことです。

・30分くらい早起きをする

・SNSをやる時間を減らす

・テレビを見る時間を減らす

・残業時間を減らす努力をする

時間がない、仕事が忙しくて筋トレができないという人は、意外と作ろうと思えば時間がある人が多いです。

仕事の拘束時間が一日16時間とかいう人でない限り、30分の時間を週2~3日作ることは不可能ではないはずです。

「ユーチューブを観てたら1時間経っていた」とか、無駄な時間がどこかにあるはずです。

1日は24時間と限られた時間しかないので、全て自分のやりたいことをやるのは無理です。

仕事以外の時間で削れる時間があるなら、削って筋トレのために30分の時間を作りましょう。

「体を鍛えたいから30分の時間くらい作る!」という人は、次の項を読んでいただき短時間で体を変えてほしいと思います。

筋トレは1時間の時間がとれなくても、やり方次第で短時間でも十分に鍛えられます。

もし、仕事で忙しく時間がない人でも、1時間筋トレができないからってあきらめないでください。

やらなければ筋トレの効果は絶対に得ることはできないですが、30分でもやれば効果は雲泥の差です。

Tommy
Tommy

筋トレの時間が30分でもあれば、筋肉は成長する!

「筋トレをする時間がなくて、体を鍛えられない」と思っている人は、本当に時間がないのでしょうか?

1日の中で最低でも30分の時間を作ることができれば、筋トレはできます。

1日30分の筋トレを週2~3回することで、体は必ず変わります。

今の生活の中で無駄がないか見直してみましょう。

意外にやらなくてもいいことをやっていたり、削れる時間は多くあるかもしれません。

1日30分の筋トレで体を変えていきましょう。

Tommy
Tommy

1日30分の筋トレで人生が変えよう!

コメント