体脂肪率を落とすダイエット方法はシンプル【脂肪を一気に燃やそう】

ダイエットで体脂肪率を落とす方法を試した女性ダイエット
スポンサーリンク

「ダイエットをしてても体脂肪率が落ちない」
「ダイエットで体脂肪率を落とす方法が知りたい」
と、なかなか体脂肪率が落とせなくてお悩みの方。

ダイエットは見た目を変えていくものですが、気にしてしまうのは体重ばかりですよね。

体重はわかりやすい目安になるのですが、体重が落ちても見た目があまり変わっていないことが多いと思います。

見た目を変えるためには、体重を落とすことよりも体脂肪率を落としていくことを意識しなければなりません。

そこで本記事では、「体脂肪率を落とすダイエットで見た目を変えよう」と「体脂肪率が落ちないダイエットとは?」と「体脂肪率を落とすダイエット方法」について解説します。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで年間1,500セッション以上を担当しております。

多くの方のカウンセリングを受けてきたのですが、「ダイエットしてもうまくいかない」といったお悩みもいただきます。

そこで「体重が落ちているのに見た目が変わらない」とか「体脂肪率が落ちない」といった方の共通点がありますので、その点も含めて解説していきます。

Tommy
Tommy

体脂肪率が落ちない人には共通点があり、簡単に改善できます。ダイエットで体脂肪率を落とす方法をお伝えします。

スポンサーリンク

体脂肪率を落とすダイエットで見た目を変えよう

体脂肪率が低い女性

ダイエットは、見た目を変えたくて始める人が多いと思います。

しかし多くの人は、ダイエットの途中経過では見た目ではなく体重を気にしてしまいます。

体重が減ったとしても、体脂肪率が減っていなければ見た目の変化は少ないです。

なぜなら、筋肉1kgと脂肪1kgは同じ重さだとしても、体積は筋肉より脂肪のほうが大きいのです。

つまり、体積の小さい筋肉が5kg落ちるよりも、体積の大きい脂肪が5kg落ちたほうが、見た目は大きく変わります。

体脂肪率は体内の脂肪量を表す数字なので、体脂肪率が少なくなっていれば脂肪が減っているということになります。

体重計に毎日乗って体重を気にするのも、体が変化しているかの指標になるので悪いことではありません。

しかし体脂肪率も同時に測るようにして、脂肪もちゃんと落ちているのかを知っておく必要もあります。

体脂肪率は体内の水分量で大きく数値が変わってしまうことがあるので、毎回体脂肪率を計る時間帯を決めるといいです。

おすすめの時間帯は、朝起きてトイレにいってから体重計に乗ると毎日同じ条件で計ることができます。

いつも寝る前と決めていてもその直前の食事内容や、1日の水分摂取量で体脂肪率が変わってしまうので、朝の時間帯に計ることをオススメします。

体脂肪率は正確に計ることは難しいですが、毎回ある程度は条件を揃えれば信頼性のある数値になると思います。

毎日体重と体脂肪率を計ることを忘れずに意識しましょう。

脂肪を落として、見た目を激変させるダイエットを目指してください。

Tommy
Tommy

ダイエットで気にしなければいけないのは、見た目の変化です。それを数値化したのが体脂肪率。ダイエットの目的は無駄な脂肪を落とすこと!

スポンサーリンク

体脂肪率が落ちないダイエットとは?

体脂肪率を落とすための食事

食べないダイエットをしている

食べないダイエットをしていると、体重が落ちたとしても体脂肪率は落ちづらいです。

食べないことで落ちるのは、体脂肪ではなく筋肉がほとんどだからです。

食べないと体の中がエネルギー不足になり、エネルギーを作り出すために筋肉を分解してしまうのです。

分解された筋肉は小さくなってしまうので、体重が落ちていたとしても脂肪ではなく筋肉が落ちているのです。

筋肉がいくら落ちても、体内の脂肪量を計る体脂肪率は変わりません。

また、筋肉が落ちてしまうと体に張りがなくなります。

体重が落ちたけど脂肪が多くて筋肉のない体は、たるんだ体に見えてしまいます。

食べないダイエットは体脂肪率ではなく、筋肉を減らすダイエットだということを覚えておきましょう。

ダイエット=食べないというのが当たり前になっていますが、食べないことでの悪影響は非常に多いです。

筋肉が落ちるだけではなく、栄養不足で体調を壊したり肌や髪が傷んでしまったりするので、食べないダイエットは絶対にやめましょう。

関連記事:ダイエットは正しくカロリー制限することが大事【目安を知ろう】

Tommy
Tommy

食べないことで落ちるのは脂肪ではなく筋肉。必要な筋肉を落とすダイエットはやっちゃダメ!

ダイエット中に運動をしない

ダイエット中に運動をしないと、体脂肪率は落ちづらいです。

なぜなら、運動をしないで食事制限のみで痩せようとすると、脂肪を減らすだけではなく筋肉は使わないものだと認識されて、筋肉は分解されて減ってしまいます。

ダイエットとなると食事制限をするので、体内のエネルギーが不足してしまいます。

運動をしないと筋肉は使われないので、必要のないものにエネルギーを与えるのはもったいないということで筋肉を減らそうとしてしまうのです。

運動をせずに筋肉を使わなくなると、筋肉はどんどん分解されて小さくなってしまうのです。

ダイエット中に運動をしないと、脂肪よりも優先されて筋肉が小さくなってしまいます。

もし、体重が落ちたとしても筋肉が落ちているだけなので、体脂肪率が落ちないダイエットになってしまいます。

Tommy
Tommy

筋肉は使わないとどんどん落ちていく。筋肉は増やすのは大変だけど、落ちるのはあっという間です!

スポンサーリンク

体脂肪率を落とす方法

ダイエットのために筋トレをする女性

筋トレをする(とても重要)

筋トレをすることで、なるべく筋肉量を維持しながらダイエットすることができるので、体脂肪率を落としやすくします。

筋トレをすることで、筋肉にストレスを与えるので体にとって筋肉は必要なものだということを認識してもらえます。

そして筋トレにより筋肉量が増えるので、消費カロリーを増やす基礎代謝量が高くなり脂肪が落ちやすくなります。

正しい食事制限をしていれば、筋トレにより筋肉量を維持することができます。

そして、無駄な脂肪を落として体脂肪率を減らすことが可能です。

最初から無理をして、筋トレを毎日する必要はありません。

まずは、自宅でできるようなスクワットや腕立て伏せから始めて、慣れてきたらスポーツジムに通うようにしましょう。

自宅でやるよりも、環境を変えて筋トレをしたほうがモチベーションも高まるはずです。

ダイエット中でも筋トレをして、体脂肪率を落とすダイエットをしましょう。

Tommy
Tommy

筋トレをすると筋肉を維持しながらダイエットすることができる!そのためには、食事もちゃんとしなきゃね!

タンパク質を意識した食事を摂る

タンパク質は、筋肉の成長に必要な栄養素です。

食事でタンパク質をしっかり摂取することにより、筋肉の成長を促したり筋肉を落とさずにダイエットすることができます。

食べないダイエットは、このタンパク質も摂れないような食事になるので、筋肉がどんどん落ちていきます。

せっかく筋トレをしたとしても、筋肉が成長するための栄養素がなければ、筋肉は維持することはできません。

タンパク質は意識して摂らないと、多くの日本人は不足しやすい栄養素です。

必ず3食意識してタンパク質を摂りましょう。

タンパク質が多く含まれる食べ物は、肉・魚・卵・豆腐などの大豆類がおすすめです。

タンパク質を意識して食べて筋トレをすることにより、筋肉量が増えていきます。

筋肉量が増えると基礎代謝量が高まるので、結果的に体脂肪率を落とすダイエットにつながります。

Tommy
Tommy

せっかく筋トレをしても、筋肉の栄養素がなければ無駄になる。そうならないためにも、タンパク質を意識して摂取しよう!

とにかく筋肉を落とさないことが大事

体重を落とすことに意識が行き過ぎていて、筋肉量が減ってしまっていることに気づかないことが多いです。

体重が10㎏落ちていたとしても、そのほとんどが筋肉だとしたら体脂肪率は落ちません。

しかし、体重が落ちていることが目的になってしまっていると、ダイエットは順調だと思うでしょう。

筋肉量は生きていくためにも必要なものですし、見た目を美しくするためにも必要なものです。

本来のダイエットの本質は、無駄な脂肪を減らすことで体重を落とすことではありませんよね。

筋肉量を落とすようなダイエットはやめて、いかにして筋肉量を維持して脂肪を落とせるのかが大事です。

その為には、筋トレと最低限の栄養素を食事から摂ることです。

体重計の数字は目安程度にして、体脂肪率と見た目を意識することを心がけましょう。

あとは、筋トレと食事管理を習慣にして当たり前になってくると、リバウンドもなく体が変化していくはずですよ。

Tommy
Tommy

ダイエットは体重を落とすことではなく、いらない脂肪を落とすこと。筋肉を維持するためには筋トレと食事ですよ!

体脂肪率を重要視しながらダイエットしていなかったという方は、意外と多いのではないでしょうか?

ダイエットを始めるきっかけは様々かもしれませんが、いらない脂肪を減らしたいと思ってダイエットを始める方がほとんどだと思います。

その為には、間違ったダイエット知識は捨てて、体を動かして筋肉を使うことが大事です。

そして、筋肉を落とさないように最低限の栄養素を食事から摂る。

楽をして痩せようとするダイエットは、必ずリバウンドを起こします。

食べずに痩せるダイエットも、いつかは食べなければいけないのでリバウンドを起こします。

体脂肪率がしっかり落とせているダイエットは、リバウンドしにくくなります。

今日から、体脂肪率を落とすダイエットを始めてください。

筋肉が維持できて体脂肪だけが落ちれば、理想に近い体型になれますよ。

Tommy
Tommy

食べないダイエットは筋肉を落とすだけでよくないよ。ちゃんと食事の質と筋トレで、無駄な脂肪を減らしていこう。そうすれば、体脂肪率はしっかり落ちるよ!

コメント