筋トレを続けるためには目標設定が大事【目標が人を成長させる】

筋トレの目標を共有する男女筋トレ
スポンサーリンク

「筋トレを始めたけど、目標がよくわからない」
「筋トレの目標を決める方法が知りたい」
と、筋トレをする上での目標を決められないという方。

目標がなく漠然と走り続けるのがつらいのと同じように、目標がないままつらい筋トレをしても継続することが難しいです。

目標を明確に決めて、筋トレのモチベーションを高めましょう。

そこで本記事では、「筋トレの目標を決める方法」について解説いたします。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで自分自身のボディメイクのために筋トレを週5回やっています。

最初から筋トレが続けられたわけではなく、実は2回ほどジム通いに挫折しています。

今度こそは絶対に続けてやると意気込んだ3回目にして、ようやく筋トレを続けられるようになってきました。

続けられた一つの要因として、明確な目標を決めていたのがよかったのだと思います。

今も筋トレを続けられている経験を基に、筋トレを継続しやすい明確な目標の決め方について解説していきます。

スポンサーリンク

筋トレの目標を決める方法

筋トレの目標を決める会議

筋トレを始めたきっかけを目標に変える

筋トレを始めようとしている人は、始めようと思ったきっかけが必ずあるはずです。

何か物事を始めるときは、唐突にやり始めるということはほとんどありません。

ましてやきつい筋トレを急に「明日から何となくやってみよう」ということはないと思います。

必ず筋トレをして体を変えるというきっかけがあるはずなので、そこを思い出してみましょう。

ボディメイクのために筋トレをする場合、きっかけになったことが最終的なゴールになることが多いです。

例えば、「痩せたいから筋トレする」と漠然と言っていた人は「実は去年まで着ていた服を今年着ようとしたら、入らなかったんです。だから痩せたいんです。」というきっかけがあったりします。

この場合、「痩せる」という漠然とした目標を掲げるより、「去年まで着れていた服が着れるまでダイエットする」といったほうが、ゴールが明確になりますよね。

なぜ、「痩せたい」と思ったのかを自分なりに考えましょう。

目標が決められればゴールが明確になるので、あとはそこに向かって走るだけです。

つらい筋トレを続けるためには、「なぜ筋トレをしなければいけないのか」を自分の頭の中で理解しておきましょう。

Tommy
Tommy

なんで筋トレをするのかを明確にすること。「痩せたいから」ではなく「かわいい服を着たいから」など、より具体的に!目標があるから筋トレを頑張れる!

筋トレでどういう体に変えたいのか考える

筋トレを継続することで、自分の体をどう変えたいのかを考えましょう。

最終的な完成形の体を頭の中でイメージできるようにして、自分がどうなりたいのかを明確にしましょう。

例えば「鍛えて体を大きくしたいんです」という目標よりも「芸能人の○○さんのような体型になりたいんです。」という目標のほうが、頭の中でイメージできますよね。

しっかりイメージできれば、どこを重点的に鍛えたほうがいいのかがわかりますよね。

今の自分と比べてどこの筋肉が足りないのかを考えて、鍛えていけばいいわけです。

どんな体になりたいのかイメージできないという人は、SNSなどで筋トレ動画や写真を載せている人を見て参考にしてもいいかもしれませんね。

最近は、男女問わず鍛え上げた体を載せている人が多いので、必ずイメージ通りの体が見つかるはずですよ。

どんな体にしたいのかを、頭の中でしっかりイメージできるくらいまで明確にしましょう。

「今日は疲れてるから筋トレするのやめようかなぁ」と思ったときに、今日筋トレをすればまた一歩理想の体に近づけると思うと頑張れるはずですよ!

Tommy
Tommy

どんな体になりたいのかをイメージして筋トレをしたほうが、筋トレ効果も出やすい。頭の中でイメージできるようにすることは大切なこと!

筋トレの種目で重量や回数を目標にする

カウンセリングで筋トレの目標を決める男女

筋トレを続けるためには、筋トレ自体に楽しみを見出さなければ続けられません。

筋トレをして体が変わることを楽しみにするのもいいですが、それだとどうしても時間がかかります。

筋トレを続けて3ヶ月くらいでようやく体に変化がでてくるので、そこまで気持ちがもたない人もいますよね。

そこでおすすめなのが、筋トレ種目の重量や回数を目標にすることです。

体の変化はすぐにはわからないかもしれませんが、重量や回数は2.5㎏や1回でも増えると成長がわかります。

ベンチプレスが50㎏挙げられていた人は、1ヶ月後までに55㎏を目標にしてみましょう。

ベンチプレス40㎏を8回挙げられていた人は、1ヶ月後までに10回挙げることを目標にしてみましょう。

もしくは思い切って「1年後までにベンチプレス100㎏挙げる!」という目標を立ててもいいと思います。

ベンチプレスは人気の種目で、100kgを挙げられることを目標にする人が多いです。

もしベンチプレス100㎏を目標にするのであれば、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事:ベンチプレス100kgを挙げるためにするべきこと5選【男のロマン】

Tommy
Tommy

筋トレを通して体を変えていくのには、時間がかかる。最終的な目標も大事だけど、筋トレを楽しめるように筋トレの中での目標を決めよう!

目標を決めるときは必ず期限も一緒に決める

目標を決めたとしても、いつまでにその目標を達成したいのか期限を決めている人は少ないです。

目標を決めたとしたら、必ずいつまでに達成するのか期限を決めましょう。

例えば、「かわいいワンピースを着れるようになりたい」という目標を決めたとします。

そのワンピースを着れるようになるのは一体いつになりますか?

半年後なのか、もしくは1年後なのかを決めるのが期限です。

期限を決めると、そこから逆算して月々どのくらい痩せなければいけないのかがわかりますよね。

例えば、かわいいワンピースを着るためには10kgのダイエットが必要だったとします。

半年後にそのワンピースを着たいのであれば、1ヶ月あたり2㎏弱のダイエットが必要になります。

もっと言えば、一週間で500gずつ痩せれば半年後には10kg以上痩せている計算ができます。

半年先の10kgだと、大きな目標に感じてしまうかもしれませんが、1ヶ月あたり2.5kgだと「それなら頑張れる」という気持ちになりませんか?

期限がない目標は達成を先延ばしにしてしまい、気づいたら挫折していることが多いです。

期限を明確に決めることで、1ヶ月や1週間単位でのダイエットペースも把握できます。

目標と同時に期限を定めて、計画的に筋トレをするようにしましょう。

Tommy
Tommy

目標を達成できている人は、計画的に行動できている。そのためには、期限を決めることがすごく大切。その目標、いつまでに達成するつもり?

パーソナルトレーナーという仕事をしているので、筋トレをする目標をカウンセリングすることがあります。

その時に「痩せたいので」「筋肉をつけたいから」という漠然とした目標を立てている人が多いです。

目標が具体的になればなるほど、やるべきことが見えてきます。

筋トレやダイエットを始めるときは「痩せたい」というところから、さらにかみ砕いて目標を決めましょう。

さて、ここで今回の記事をまとめてみます。

・筋トレを始めたきっかけがそのまま目標になる

・筋トレを通して、どんな体になりたいのか考える

・筋トレの楽しさは、重量や回数が増えたとき

・目標達成までの期限を決めよう

筋トレをするというのは目標を達成するための手段であって、筋トレをすること自体は目標ではありません。

なぜ筋トレをしているのかというところを明確にすることで、継続するモチベーションもでてきますよ。

ぜひ本記事の内容を実践していただき、明確な目標をもって筋トレに励んでいただきたいと思います。

筋トレを継続して、理想の体を手に入れましょう!

Tommy
Tommy

きつい筋トレを続けている人は、必ず目標を決めている。そして、いつまでにその目標をクリアするのか決めて行動している。目標が人を成長させるよ!

コメント