筋トレ後のアルコールは筋肉に悪影響がある【酒で筋肉は分解される】

筋トレ後に飲むアルコール筋トレ
スポンサーリンク

「筋トレをしているならアルコールはやめたほうがいい?」
「筋トレの後にアルコールを飲むと筋肉が落ちるの?」
「筋トレ効果を出しながらアルコールを飲む方法は?」
と、筋トレとアルコールの関係性に疑問をお持ちの方。

筋トレをしてアルコールを飲むと筋肉が落ちるなんて、聞いたことがある人も多いと思います。

たしかに筋トレをしているのにアルコールを飲むと、筋肉にいい影響はありません。

筋肉が成長しないばかりか、筋肉が落ちてしまうことさえあります。

本記事では、筋トレ後にアルコールを飲むと筋肉にどんな影響があるのかを、詳しく解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで年間1,500セッションを担当しています。

筋トレ指導だけではなく食事指導も行っており、お酒の飲み方についても指導することがあります。

お客様によっては仕事上、どうしてもお酒を飲まなければいけない人がいます。

筋トレの効果をだしつつ、うまくお酒と付き合う方法もお伝えしているので、本記事で解説していきます。

Tommy
Tommy

筋トレをしているなら、なるべくアルコールは控えよう!

スポンサーリンク

筋トレ後のアルコールは筋肉に悪影響がある

筋トレ前のアルコール

筋トレの後にアルコールを飲むと、筋肉に悪影響であることがわかっています。

大きな理由は下記の3つです。

・テストステロンの減少

・筋肉が分解される

・筋肉の回復が遅くなる

上記の3つについて少し、深掘りしていきたいと思います。

テストステロンが減少する

テストステロンは筋肉の成長を促進して、筋肥大を助けてくれる物質です。

筋肉を成長させるために筋トレをしているのであれば、とても大切です。

しかし、アルコールを飲むとそのテストステロンが減少します。

体内のテストステロンの分泌が減少してしまうと、筋肉の成長の妨げになります。

少量のアルコールだとしてもテストステロンの分泌は減少するので、筋肉には悪影響になります。

筋肉が分解される

アルコールを摂取すると、コルチゾールという物質が分泌されます。

このコルチゾールは、筋肉を分解して脂肪の合成を促進する作用があります。

筋肉を成長させていきたいときには、筋肉の合成力を高めていきたいはずです。

アルコールを飲むことで筋肉が分解されてしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

筋肉の回復が遅くなる

お酒を飲むと肝臓でアルコールが分解・代謝されていきます。

このときに、タンパク質も多く使われてしまうために、筋肉への栄養が不足してしまいます。

筋トレをしたあとには、筋肉を修復させなければいけません。

筋肉の修復には多くのタンパク質が必要です。

しかし、アルコールの分解や代謝に使われてしまうと、筋肉の修復に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。

そのために、筋肉の回復が遅くなって筋肉の成長にも悪影響が出てしまいます。

Tommy
Tommy

筋肉の成長には、アルコールは一切必要ないね!

スポンサーリンク

筋トレ効果を落とさないアルコールの摂り方

筋トレ効果を高めるアルコール

筋トレ後の72時間は飲まない

筋トレ後の72時間は、筋肉が修復される時間帯です。

この時間帯に筋肉の合成力を高めることができれば、筋肉は成長していきます。

筋肉を成長させるためにも、筋トレ後の72時間はアルコールを飲まないようにしましょう。

この筋トレ後の72時間でアルコールを飲んでしまうと、筋肉の合成力が落ちてしまいます。

筋肉はどんなにマッチョな人でも、合成と分解を繰り返しながら成長していきます。

合成の割合が多くなればその分、効率的に筋肉は成長します。

アルコールを飲むと筋肉の分解が進んでしまうので、最低でも筋トレ後から48時間は空けるようにしましょう。

アルコールを飲む前後にプロテインを飲む

アルコールを飲む前に、プロテインを飲むようにしましょう。

プロテインを飲むことで、体の中のタンパク質量が十分になります。

筋肉の合成力を高める必須アミノ酸も、十分にとれるはずです。

アルコールを飲んで筋肉を分解しようとしても、プロテインを飲むことで最小限に抑えることができます。

最近では、コンビニなどで手軽にプロテインを買うことができます。

予定をしていなかった急な飲み会が入ったとしても、プロテインを飲めばなんとかなりますね。

アルコールの量を抑える

筋トレ後でもすぐにアルコールを飲まなければいけなくなったら、量を調整するようにしましょう。

アルコールを飲めば飲むほど、筋肉の分解は進んでしまいます。

少量のアルコールでも筋肉の分解が進むとはいえ、少ないに越したことはありません。

極力飲まないようにして、アルコールを飲むペースを落とすようにしましょう。

どうしても出席しなければいけない飲み会はあると思います。

飲み会に行ったとしても、アルコールの量は調整できるはずです。

飲み過ぎには注意するようにして、適度に飲むようにしましょう。

Tommy
Tommy

筋トレ効果を落とさないためにも、アルコールとは上手に付き合おう!

筋トレをしている人は、なるべくアルコールは飲まないほうがいいということです。

社会人の方であれば、どうしても参加しなければいけない飲み会は多いと思います。

そんなときにも、アルコールは控えようとはいいませんが、量は考える必要がありますね。

筋肉を分解して脂肪を合成させるアルコールは、ボディメイクには天敵です。

飲まなければいけないときは除いて、飲まなくていい時は飲まないようにしましょう。

効率的に筋トレをしたとしても、毎日アルコールを飲んでいたら筋肉の成長は遅くなります。

アルコール量は自分でコントロールできる部分なので、しっかり調整しましょう。

Tommy
Tommy

筋トレ効果を最大限に得るためには、アルコールはほどほどに。

コメント