食べないダイエットはなぜ危険?【ダイエットは食べて痩せるべき】

食べないダイエットで痩せた女性ダイエットの食事
スポンサーリンク

「食べないでダイエットするのは危険?」
「食べないダイエットはいいことないの?」
「おすすめのダイエット方法は何?」
と、食べないダイエットについて疑問がある方。

ダイエットでまず思い浮かべるのが、「食べないで痩せる」という方法だと思います。

太るときは、当然食べすぎたから太るわけなので、逆に食べなければ痩せるだろうと考えるのは普通だと思います。

しかし、食べないダイエットは体にとっては、よくないことばかりです。

食べないでダイエットするのではなく、食べることでも十分にダイエットすることは可能です。

そこで、本記事では「食べないダイエットが危険といわれる理由」「おすすめのダイエット方法」について解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで年間1,500セッションを担当しています。

クライアント様のなかにも、食べないでダイエットしたらリバウンドしてしまったという人がいます。

一生食べないで生きていくことは絶対にできないので、ダイエットをやめて食べ始めたらリバウンドが起こるのは当然のことです。

私は「無理なく健康的に体を変える」ことをコンセプトに活動していますので、食べないダイエットが体にかける負担を多くの方に知っていただきたいと思います。

食べないダイエットはやめて、食べながらダイエットする方法をお伝えします。

ぜひ最後まで記事をご覧ください。

Tommy
Tommy

食べないダイエットのメリットは一つもない!健康的に無理なくダイエットしていこう。

スポンサーリンク

食べないダイエットが危険といわれる理由

ダイエットをする女性

体に必要な栄養素が摂れない

食べないということは摂取カロリーが減るので、体重は間違いなく落ちます。

しかし、食事からの栄養素が摂れないので、体の中に必要な栄養が不足してしまいます。

食事は脂肪を増やすためのものだけではなく、体に必要な栄養素を摂るためのものです。

生きていくためには、骨を丈夫にしたり血液を作ったり内臓を働かせたり、多くの栄養素が必要になります。

食べないことにより、その必要な栄養素が摂れなくなるので、痩せていくのと同時に体調も崩してしまうことが多いです

炭水化物や脂質は脂肪のもとではありません。

体を動かしたりホルモンバランスを整えていくために必要な栄養素です。

必要以上に摂取するから脂肪になるだけです。

食べないのではなく、食べすぎないように食事量を調整しましょう。

Tommy
Tommy

人は食事から多くの栄養素を摂取します。食べないということは栄養不足になるということなので、体を壊すことになる。食べるのは大事だよ!

筋肉量が減ってしまう

筋肉を作ったり、維持するためにも食事からの栄養は必要です。

特に筋肉にとって重要な栄養素は、タンパク質です。

タンパク質は肉・魚・大豆などに多く含まれているのですが、そういった食材を食べなければ、タンパク質は不足します。

不足した場合は、どこからタンパク質をとってくるかというと、自分の筋肉を壊してタンパク質を作るのです。

今ある筋肉を分解してタンパク質を作り出すので、筋肉がどんどん小さくなってしまいます。

食べないダイエットで最初のうちに一気に体重が落ちることがありますよね。

これは、脂肪が落ちているわけではなく、ほぼ例外なく筋肉が落ちていて体の水分量が減っているだけです。

体重が1ヶ月で10kg落ちたとしても、いらない脂肪はほとんど落ちておらず、筋肉量が落ちているだけなのです。

Tommy
Tommy

筋肉を維持するための栄養素がないと、筋肉自体を壊してタンパク質を作ろうとするんだ。食べないダイエットは筋肉を落としているだけ!

リバウンドを起こす

食べないダイエットは、ほとんどの場合リバウンドを起こします。

前述してある通り、食べないダイエットをすることで筋肉量が落ちてしまいます。

筋肉量が落ちることで基礎代謝量が落ちてしまうので、太りやすい体になってしまいます。

基礎代謝量は1日消費できるカロリーの量のことなので、基礎代謝量が落ちるとカロリーを消費できなくなります。

その状態で食べないダイエットをやめて食事量を元に戻したらどうなるでしょうか?

今まで通りの食事量に戻してしまうと、以前までは消費できていたカロリーだとしても、今は基礎代謝量が落ちた状態です。

消費しきれないカロリーが出てくるので、その部分は脂肪として体に蓄えてしまうのです。

その余分な脂肪が日々積もり積もって、5kgや10㎏とリバウンドしてしまうのです。

一生食べない生活をすれば、摂取するカロリーが少ないのでリバウンドの心配はありませんが、食べない生活を続けるのは現実的ではありません。

リバウンドを起こさないためにも、食べないダイエットはやめましょう。

Tommy
Tommy

太りやすい体を作るためにダイエットをしているわけじゃないですよね。食べないダイエットは、必ずリバウンドを起こす!

スポンサーリンク

おすすめのダイエット方法は2つ

ダイエットのために筋トレをする男性

適量を食べて運動する

3食食べて運動するだけで痩せていきますので、健康的に痩せるには一番のダイエット法です。

食べすぎた分だけ太っていたので、食事の量を適量に戻すだけで痩せていきます。

また、運動することで消費カロリーも増えますので、さらに痩せていきます。

まずは、一般的な食事量がどのくらいの量なのかを知ることが大事です。

自分がどのくらい食べすぎていて、標準体型の人はどのくらいの量を食べているのかを知りましょう。

太ってしまったということは、間違いなく今の食事量は食べすぎているので、適量に戻すだけで痩せていきますよね。

食べすぎて太るのか、全く食べないでダイエットするのかの二択にするのではなく、食べてダイエットするということも考えましょう。

運動に関しては、筋トレを一番におすすめします。

ジョギングなどの有酸素運動は、一時的な消費カロリーは増やせます。

しかし、筋トレの場合は週2回筋トレをすることで、常に体を脂肪燃焼モードにできます。

また、筋トレを続けることで筋肉量が増えるので、基礎代謝量も増えます。

基礎代謝量が増えると消費カロリーが増えますので、痩せやすく太りにくい体質を作ることができます。

食事で摂取カロリーを抑えながら、筋トレで消費カロリーを増やすことが、リバウンドを防ぐ最も有効なダイエット方法だと思います。

少しづつ食事量を減らしていく

食べないダイエットで焦って体重を落とそうとするのではなく、長い目を見て痩せるようにしましょう。

今の食事量から少しでも減らせば、摂取カロリーが減るので今よりは痩せていきます。

脂肪を1kg減らすためには、7,200kcalを減らす必要があります。

毎日のカロリー収支を-300kcalにし続けると、24日間で7,200kcalを減らすことができます。

-300kcalがどのくらいかというと、茶碗1杯半のご飯です。

今の食事から茶碗1杯半のご飯を減らすことって、そんなに無理をしなければいけないわけではないですよね。

当然、体重がどんどん落ちてくればその分、食事量を減らさなければいけませんが、徐々に減らすのでストレスは少ないはずです。

ダイエットは計算通りにはいきませんが、1ヶ月で1kgづつ痩せれば1年後には12kg痩せられます。

3ヶ月で10kg痩せて半年後に10㎏リバウンドするよりも、1年かけてリバウンドもせずに10kg痩せたほうが絶対にいいです。

一生無理なく続けられるダイエットは、リバウンドを起こしません。

運動をするのが難しいのなら、食事を無理なく変えていきましょう。

Tommy
Tommy

急に食べないダイエットをするから、リバウンドを起こす。徐々に食事量を減らしていけば、ストレスが少ないよね!

食べないことで確実に痩せることはできますが、その体型は本当に求めている体型になるのでしょうか?

食べないということは、健康的に生きていく上での栄養素を摂ることができないということです。

ダイエットを始めるなら、食べないダイエットではなく、筋トレと食事ですよ。

さて、ここで簡単に今回の記事をまとめてみます。

・食べないダイエットは筋肉量が落ちてリバウンドしやすくなる

・食べないから体に必要な栄養がとれないから、不健康になる

・おすすめのダイエットは「食事制限+筋トレ」

・運動がきらいなら、少しずつ食事量を減らしていこう

ダイエットは、数字上の体重を減らすことではなく、いらない無駄な脂肪を減らすことです。

そのためには、適量の食事を食べながら筋トレなどの運動をすることが必要です。

必要な栄養素を摂り、運動をすることで無理なく健康的に痩せることが可能です。

正しいダイエットをして、理想的な体を手に入れてくださいね。

Tommy
Tommy

体重を落とすのではなく、いらない脂肪を落としたいなら食事制限と筋トレでダイエット!ポイントは適度に食べること!

コメント