筋トレを継続するコツは3つ【モチベーションに左右されるな】

筋トレを継続するコツを掴んだ女性モチベーションアップ
スポンサーリンク

「筋トレが全然継続できない。コツってあるの?」
「筋トレを継続するためのコツが知りたい」
と、筋トレを継続できなくて悩んでいる方。

ジムに行って1年後に継続して通い続けている人は、全体の1%と言われています。

100人いたら、99人は途中で挫折してやめてしまうか、幽霊会員になってしまうんですね。

それほど筋トレを継続することは、難しいことです。

そこで本記事では、筋トレを継続するためのコツについて詳しく解説していきます。

本記事の内容

・筋トレを継続するためのコツは3つだけ

・筋トレを継続するとどんな効果がある?

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで私自身も5年ほど筋トレを続けています。

ジムにも週5日ほど通っているので、筋トレを継続できていると言えると思います。

筋トレを継続するコツは3つをお伝えしていきます。

Tommy
Tommy

筋トレを継続して、理想の体を作ろう!

スポンサーリンク

筋トレを継続するためのコツは3つ

筋トレを継続するコツをつかんだ男性

筋トレを継続するコツは、次のとおりです。

・筋トレの優先順位を高くする

・目標を明確にする

・スケジュールに筋トレの予定を組み込む

一つずつ詳しく解説していきます。

筋トレの優先順位を高くする

筋トレを継続できない人の多くは、筋トレ自体の優先順位が低い人です。

プライベートの時間の中で、

筋トレの優先順位を1番にする

これを意識すると、必ず継続することができます。

筋トレが継続できない人は、「時間がない」とか「忙しい」という理由でやめてしまいます。

実際は

・飲みに行く時間はある

・テレビをみる時間がある

という人は多いですね。

筋トレよりも飲み会やテレビの優先順位が高いので、筋トレの時間が無くなっているだけ。

筋トレを継続させて理想の体を手に入れたい方。

飲み会は「ジムに行くので飲み会には行けない」と断りましょう。

ドラマも「筋トレをするから録画しておこう」とジムに行くためのアクションを起こしましょう

筋トレができない理由をなくすようにして、筋トレの優先順位を上げましょう。

Tommy
Tommy

とにかく筋トレが最優先!

目標を明確にすること

目標を明確にすることも、筋トレを継続するためのコツの一つです。

筋トレを継続することで、どんな自分になるのかを具体的にイメージできるようにしましょう。

目標が漠然としていると、

・筋トレを頑張る意味がわからなくなる

・努力の方向性がわからなくなる

「痩せたい」とか「筋肉をつけたい」という目標を立てて筋トレを始めようとしている人は、今すぐ目標を変えましょう。

何㎏痩せたいとかどんなボディラインを目指して痩せたいかなど、もっと具体的な目標がある方が継続しやすいと思います。

例えば、

「5kg痩せて、ウエストと太もも周りをスッキリさせて、かわいい服を着たい」

といったところまで、具体的にしましょう。

もっというと、どんなかわいい服を着てみたいかというところまで想像できるといいですね。

筋トレをしたことで、どんな自分になれるかイメージ出来たほうが筋トレは継続しやすいので、目標は明確にしましょう。

Tommy
Tommy

具体的に目標を紙に書いて貼っておくのも効果的!

スケジュールに筋トレの予定を組み込む

スケジュール帳を持っているのであれば、筋トレの予定を優先的に書きこんじゃいましょう。

仕事で絶対にずらせない予定を書き込んだらそのあとに

筋トレの予定を書きこんで予定通りに行動するようにしましょう。

「今日は予定がないから筋トレをしよう」となると、筋トレをしたくないときはほかの予定を入れてしまったりするからです。

予定がない日は予定を入れたくなるもの。

早めに筋トレのためにスケジュールを立てて、ほかの予定を入れないようにしましょう。

仕事のスケジュールがびっしり入っていたとしても、夜や朝の1時間くらいは空いている時間があるはずです。

その時間に友達との予定や飲み会の予定が入る前に、筋トレの予定を書きこんでしまうのです。

前述したとおり、筋トレの優先順位が高ければ「この日は筋トレをするので、ちょっと・・・」と、ほかの予定を断れるようになっているはずです。

予定がない日に筋トレにいくのではなく、筋トレのために予定をあけておいてジムに行くようにしましょう。

Tommy
Tommy

できたら筋トレをするのではなく、筋トレの予定を先に作っておく!

スポンサーリンク

筋トレを継続したいならモチベーションに頼るな

筋トレを継続するコツを実践する男性

筋トレを継続できなくなる人の言い訳として「今日はやる気がないから明日やる」があります。

知ってほしいのが、「筋トレを継続している人はモチベーションが高いからではない」ということ。

仮に今日のモチベーションが全くなかったとしても、行動しているのです。

今日のやる気をコントロールできないのに、明日やる気をだせるわけがない

と思います。

モチベーションを言い訳にしてやらなかったら

・明日もモチベーションを言い訳にする

・明日やらなければ、明後日もやらない

・明後日もやらないから、筋トレのことは忘れてしまう

結局、やらない日が当たり前になってしまいますよね

私は筋トレを週3~4日で継続していて、3年くらいたちます。

筋トレの重量が伸びなくてモチベーションが落ちたときもありました。

体が変わらない時期もあって、やる気がないときもありました。

そんなときでも行動してきたからこそ、筋トレを習慣にすることができました

理想の体型をしている人たちは、常にモチベーションを保っているわけではないということを知っておきましょう。

やる気が無い、モチベーションが保てないときでも、行動すること。

それが筋トレを継続することにつながります。

むしろ、それが筋トレを継続する一番のコツかもしれません。

Tommy
Tommy

モチベーションがないときこそ、行動するとき。

スポンサーリンク

筋トレを継続するとどんな効果がある?

筋トレをして引き締まった体

筋肉がついて体が引き締まる

筋トレを1回するだけでは筋肉はつきません。

しかし、筋トレを継続していくと筋肉がついて体が引き締まってきます。

筋トレで筋肉に負荷を与えると、筋肉がストレスを感じます。

筋トレによるストレスに筋肉が反応して、より強くなろうとするので成長するのです。

筋トレをやり始めたときは、軽い重量からスタートしていたかもしれません。

しかし、継続していくと徐々に重たい重量が持てるようになるはずです。

重さが増えていけば、またその重さに勝てるような筋肉になろうとするので、どんどん成長していきます。

筋トレを継続して筋肉が増えていけば、引き締まった体を手に入れることができますよ。

Tommy
Tommy

筋トレが習慣になれば筋肉がついていくので、引き締まった体になる!

つらい筋トレが楽しくなる

最初は目標を達成するためだけに筋トレをしていたかもしれません。

しかし、筋トレを続けていくと体が変化していくので筋トレ自体が楽しくなります。

・挙がらなかった重量が挙がるようになる

・体つきが変わってくる

・筋トレ後の達成感や満足感がたまらない

など

筋トレをしたあとの、つらいことを乗り越えた達成感や満足感は日常では味わえません。

自分の努力次第でどんどん体を変えられる筋トレは、継続するたびに楽しくなるはずですよ。

Tommy
Tommy

正しく筋トレを継続していけば、必ず体に変化が出てきますよ!

成功体験が積めるのでポジティブになる

筋トレは継続するだけで、成功体験がつめるので考え方がポジティブになります

正しい努力を継続していけば

・体型が変わる

・挙がらなかった重量が挙がるようになった

・9回しか挙がらなかったのに10回挙がった

など、多くの成功体験を積むことができます。

体が変化したり扱う重量が伸びたりするので、筋トレは成功体験が積みやすいです。

成功体験がつめれば、自分の努力で成し遂げたという自信がつきます。

自分だったらやればできるという考え方に変わっていきます。

筋トレは体を変えていくだけのものではなく、性格も成長させてくれるもの。

ぜひ継続して習慣にしてほしいと思います。

Tommy
Tommy

正しい努力を継続すれば、必ず成果がでるのが筋トレのいいところ!

以上が、筋トレを継続させるために必要なコツについてです。

何事も継続するためのコツには、共通点があります。

継続したいことの優先順位を上げて、明確な目標のために頑張るだけ。

プライベートはゆっくりする時間が必要かもしれませんか、その中の1時間を作るために何かを削らなければいけません。

ゆっくりテレビを見る時間よりもネットを見ている時間よりも、筋トレの優先順位を高くすれば時間は作れるはずです。

また、何のために筋トレをやるのかを明確に決めることで、モチベーションを保つことができます。

なぜなら、その目標は筋トレなくしては達成できないからです。

理想の体型を具体的にイメージできるようにして、ぜひ筋トレを継続して習慣にしてください。

Tommy
Tommy

筋トレを継続して、体の外見や内面まですべてを変えよう!

コメント