筋トレを楽しいと思える瞬間は?継続できる人は楽しさを見つけられる

楽しいと思いながら筋トレをしている男女モチベーションアップ
スポンサーリンク

「筋トレを楽しいって思うときは、どんなとき?」
「つらい筋トレを楽しいと思うためには、どうすればいい?」
と、筋トレって楽しいのかな?と疑問に思っている方。

つらい筋トレを何年も続けている人も世の中にいますが、なぜ続けられていると思いますか?

才能があるからでも、根性があるからでもありません。

筋トレを楽しいと思えているか、筋トレによる体の変化を楽しいと思っているかのどちらかです。

しかし、つらい筋トレをどうやって楽しいと思うのか、疑問に思う人が多いと思います。

そこで本記事では、筋トレを楽しいと思える瞬間について詳しく解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで私自身も筋トレを習慣にして続けています。

過去に何度も筋トレを始めてみては挫折して、やっと習慣にすることができました。

今では筋トレ自体を楽しいと思えるようになってきましたし、楽しいと思えるから続けられていると思っています。

ぜひみなさんにも筋トレの楽しさを知っていただき、継続してもらいたいと思います。

Tommy
Tommy

筋トレを継続していくためにも、楽しいと思える瞬間を見つけよう!

スポンサーリンク

筋トレを楽しいと思うためには?

筋トレを楽しいと感じている男性

重量をどんどん上げていく

正しいフォームを身に付けてからというのが大前提ですが、扱う重量をどんどん上げていった方が筋トレを楽しいと感じます。

扱う重量が上がっているということは、筋肉が成長していて筋トレの効果が出ているということだからです。

つらい筋トレでもちゃんと成果が出ているというのが数字でわかれば、楽しいと感じられますよね。

例えば、ベンチプレス50kgで10回できたら、次回は52.5㎏で10回に挑戦してみる。

ベンチプレス70㎏を1回挙がるのであれば、次回72.5㎏に挑戦してみる。

もし、挙がったのであれば筋トレの成果がきちんと出ていて、筋肉が成長しているということです。

できなかった重量ができるようになると、筋トレを楽しいと感じるはずですよ。

Tommy
Tommy

まずは正しいフォームを習得すること。そのあとにどんどん重量を上げていって、筋肉の成長を感じよう!

筋肉の成長を見逃さないようにする

筋トレを続けると筋肉が成長して、必ず体のサイズに変化が出てくるはずです。

パッと見ただけではわからないような体の変化も見逃さないように、筋トレを始める前は体のサイズを計っておきましょう。

筋トレの目的は筋肉をつけて体を変えることだと思います。

筋トレによって筋肉が成長していれば、理想の体に近づいているということです。

筋肉の成長は、筋トレを頑張ろうというモチベーションにもつながりますね。

筋肉が成長するときは、一気に成長するわけではなく目に見えないくらい少しづつ成長します。

筋トレを始める前に、メジャーで胸囲・腹囲・ヒップ・太もも・上腕の太さは最低限測るようにしておきましょう。

1cmでも太くなっていれば、成長を感じて筋トレが楽しくなるはずです。

Tommy
Tommy

筋トレは成果が出たときが、本当に楽しいと感じます。特に体の変化が感じられたときは、モチベーションにつながります。筋トレを始める前に、体のサイズを計っておこう!

スポンサーリンク

筋トレを楽しいと思える瞬間3選

筋トレを楽しんでいる男女

重量のマックスを更新したとき

重量のマックスというのは、1回だけ挙げられる重量のことです。

筋トレを楽しいと思う瞬間は、この挙げられなかった重さが挙がったときです。

できないことにチャレンジしていく過程も楽しいですし、できなかったことができるようになるときは、日常では体験できない達成感があります。

ベンチプレス67.5㎏までしか挙がらなかった人が、70㎏を挙がられたときは何度もチャレンジしたはずです。

その過程で、つらい筋トレを乗り越えてやっと2.5㎏ずつ重量が更新されていきます。

できなかったことができるとつらい筋トレも楽しくなりますね。

Tommy
Tommy

今までできなかった重量が挙がるようになるということは、筋肉がちゃんと成長しているという証拠。どんなにつらくてもちゃんと成果がでていれば、楽しいと感じるはず!

効かせたい筋肉に効いたとき

筋トレは種目によって鍛えられる筋肉が違います。

正しいフォームと適切な重量設定ができると、効かせるべき筋肉にちゃんと効いてきます。

最初のうちは、効いているのかいまいちわからないかもしれません。

しかし、筋トレを続けて意識していると、だんだん効かせるという感覚がわかってきます。

思い通りに効かせることができるようになってくると、筋トレの効果も出てくるので楽しいと感じてきます。

つらい筋トレをやっていても、効果があるのかわからない状態が続くと「こんだけつらいのに意味があるのかな?」と不安になると思います。

しかし、効かせるべきところにちゃんと効いてくると、狙ったところに筋肉痛がくるので満足感も出てきます。

特に背中の筋肉は、普段の生活でも使っているという意識が薄い部位です。

多くの人は効いているのかよくわからないと思うかもしれませんが、試行回数を重ねていくとだんだんとわかってくるようになります。

自分で鍛えたい部位をコントロールできるようになると、筋トレが楽しいと感じますよ。

Tommy
Tommy

思い通りに筋トレができると、どんどん楽しくなってくる!

筋肉が成長して理想の体に近づいたとき

視覚で筋肉が成長したな、と感じるまでは長い期間がかかります。

しかし、鏡で自分の体を見たときに「あれ、筋肉ついた気がする」と気づいたときに筋トレの効果を感じて楽しいと感じるはずです。

筋トレの目的は筋トレをすることではなく、体を変えること。

目的達成に近づいていると感じる瞬間は、つらい筋トレも楽しくなります。

筋肉が目に見えて成長するまでには、最低でも3ヶ月はかかります。

この3ヶ月でやめる人が大半なので、それまでに重量を更新したり、効かせるという感覚をわかるようになりましょう。

筋トレが楽しければ続けられるし、続けられれば体は変わります。

体が変われば、また楽しくなるので筋トレは生活の一部になっていきます。

効率的に筋肉をつけるためには、プロテインの摂取が必須です。

しっかり栄養を摂りながら、筋トレを継続していきましょう。

Tommy
Tommy

体の変化が目に見えて分かったときは、筋トレ楽しい!と感じるはず!

スポンサーリンク

筋トレが続いている人は楽しさを見つけている

海辺で楽しんでいる女性

何事も継続できている人は、楽しいと思える瞬間をみつけています。

つらい筋トレを楽しくないのに続けられるわけないですし、続けるんだったら楽しいほうがいいですよね。

ましてや、筋トレは趣味でやるようなものですから、楽しくなければ何の意味もありません。

筋トレ自体はだれがやってもつらいと思います。

それでも続けられているという人は、才能があるからではありません。

体を変えるという目標があって、目標に近づいているという楽しさや、つらいことを乗り越えて成長しているという達成感で続けられていると思います。

楽しいという感情や達成感はだれでも味わえるものだと思いますので、筋トレを楽しんで続けることはだれにでもできることです。

ぜひ筋トレで楽しいと思える瞬間を見つけてください。

Tommy
Tommy

筋トレを続けることは、決して才能ではない。楽しいと思える瞬間を見つけることができれば、その瞬間のために続けられるはず!

筋トレを続けるためには、楽しいと思える瞬間を見つけることが大事です。

そのためには、筋トレで自分の成長を感じること。

1ヶ月しか続けてない人でも、必ず1ヶ月前よりも成長しているはずです。

つらい筋トレも成長につながっていると思えれば楽しくなるはずですよ。

筋トレはできないことを日々繰り返してチャレンジして、できるようにしていくことです。

続けていけば必ず成長してできるようになっていくので、そこに楽しさを感じてください。

楽しいことは絶対に続けられるので、体も変わっていくはずですよ。

楽しい筋トレを続けて、理想の体を手に入れましょう。

Tommy
Tommy

筋トレでできないことをできるようにしていくと、どんどん楽しくなってくる。楽しい筋トレを続けて、理想の体を作ろう!

コメント