24時間ジムに通って感じたメリット【デメリットについても解説】

24時間ジムの内装スポーツジム
スポンサーリンク

「24時間ジムのメリットとデメリットは何?」
「24時間ジムと普通のフィットネスジムとの違いって何?」
「実際に24時間ジムに通っている人の話が聞きたいな」
と、24時間ジムに入会しようか迷われている方。

フィットネスブームに乗って、近年24時間ジムが急速に増えてきましたね。

フィットネスジムに通われたことがある方は、24時間ジムと何が違うのか疑問に思われるはずです。

もし、フィットネスジムより24時間ジムのメリットが大きければ、利用時間が長い分だけ通いやすいですよね。

そこで本記事では、24時間ジムに通ってみて感じたメリットとデメリットについて解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで24時間ジムのエニタイムに通っています。

過去に某大手フィットネスジムにも通ったこともありますので、私の経験を基に記事を書いていこうと思います。

通算で、5年近くはスポーツジムや24時間ジムを利用してきましたので、ある程度信頼性のある記事になると思います。

ぜひ、最後までお読みください。

Tommy
Tommy

フィットネスジムと24時間ジムで迷っている人は、参考になると思います!

スポンサーリンク

24時間ジムに通って感じたメリット

24時間ジムでトレーニングする男性

料金が安い

24時間ジムは、一般的なフィットネスジムより価格設定が安いです。

プールやスタジオがない分だけスタジオの規模が小さくて、インストラクターに対する人件費もかからない分、安く設定されています。

24時間ジムの多くは7,000円~9,000円に値段が設定されていて、フィットネスジムよりも安いですね。

「スタジオやプールは必要ないから、マシントレーニングだけやりたい」という人は、24時間ジムで十分だと思います。

私も過去に、フィットネスジムに通っていた時がありますが、筋トレを目的にいっていたので一度もプールとスタジオにはいったことがありませんでした。

価格も1万円以上でしたので、今は24時間ジムで十分満足しています。

Tommy
Tommy

プールやスタジオがない分だけ安いけど、筋トレが目的ならありがたいね!

全国どの店舗でも通える

入会した店舗だけではなく、全国どこの店舗でも利用可能なので、とても便利ですよね。

自宅の近くしか利用できないと、通える時間が限られてしまいます。

その点、全国の店舗が利用できると、職場の近くや出張先、旅行先などでもトレーニングが可能になります。

入会した店舗だけに縛られずに幅広く利用できるのは、大きなメリットになると思います。

私が入会しているエニタイムでは入会から1ヶ月経つと、全世界の店舗が利用可能になります。

仕事前に時間があるときは自宅近くのエニタイムでトレーニングして、仕事中に空き時間ができたときは職場の近くでトレーニングします。

店舗によっておいてあるマシンなどもちがうので、鍛える部位によって行く店舗を変えたりもするので非常に使いやすいです。

Tommy
Tommy

いろんな店舗が使えると、選択肢が広がるから大きなメリットだね!

仕事が遅くなっても行ける

会議をしている人たち

フィットネスジムの場合、23時までに閉店してしまう店舗が多いです。

仕事の残業で帰るのが遅くなった時に、筋トレができないといった経験がみなさんにもあるのではないでしょうか?

しかし、24時間ジムの場合は、いつでもいけるので、仕事の終わる時間を気にする必要はありません。

夜になるとスタッフがいないことも多いのですが、ある程度マシンの使い方やトレーニングの方法がわかっていれば、スタッフがいなくても困ることはありません。

仕事が遅くなってしまったときに、「あと30分しかないから筋トレできないな」ということもなく、筋トレのスケジュールを崩すことがなくなります。

もしくは、仕事で疲れて行けそうにないという場合は、早朝に筋トレをすることもできるので、24時間ジムは選択肢が大きく広がりますね。

Tommy
Tommy

24時間利用可能なので、営業時間に間に合わないなんてことはない!

あまり混雑していない

これは私の主観も少し入っていると思います。

私がよく行く店舗が5店舗ほどあるのですが、どの時間帯にどの店舗にいってもそこまで混んでいるということがありません。

みなさんの仕事終わりの時間帯が多少混むかなというくらいなのですが、使いづらくて困ったという経験はまだありません。

おそらく、24時間通えるのでうまく分散してくれているのかなと思います。

23時に閉店するフィットネスジムだと、無理にでも閉店間際に来る人もいるかもしれません。

しかし、24時間ジムであれば深夜も通えるので、そういった人は無理に23時ごろに来るのではなく、深夜に来るようになりますよね。

そういった理由で、集中して混雑するということが少ないのかなと思います。

Tommy
Tommy

24時間やっているので、比較的空いている時間を選びやすいね。

スポンサーリンク

24時間ジムのデメリット

スタジオでヨガをする女性

プール・スタジオがない

プールやスタジオで、筋トレ以外の運動もしたい人にとってはデメリットになると思います。

24時間ジムは筋トレのマシンや有酸素マシンしかないため、プールやスタジオでレッスンを受けたい人には、物足りなく感じてしまうかもしれません。

筋トレとプール・スタジオでの運動まで幅広くやりたいと考えている人は、フィットネスジムに入会したほうが満足度は高いはずです。

利用時間を最優先にするなら24時間ジムに入会して、プールやスタジオでのレッスンを優先したいのであればフィットネスジムに入会するのがいいと思います。

Tommy
Tommy

プールやスタジオを利用したい人は、フィットネスジムのほうがいいかも。

スタッフがいない時間帯がある

日中の時間帯はスタッフがいるのですが、夜から早朝にかけての時間帯はスタッフが不在になります。

マシンの使い方がわからなかったり、トレーニング方法のアドバイスを頻繁にもらいたいという方には、デメリットになると思います。

24時間ジムは、ジムの利用時間は24時間いつでもいいのですが、スタッフのいる時間は限られてしまいます。

スタッフのいない時間帯にしか行けずに、スタッフにアドバイスがもらえないのは困るという方は、フィットネスジムのほうが合っているかもしれません。

「仕事をしていて、スタッフの居る時間帯には絶対にいけない。だけど、アドバイスが欲しい」という方は、フィットネスジムをおすすめします。

フィットネスジムは24時間ジムに比べると、当然利用時間は限られているのですが、ほぼ全時間帯でスタッフがいます。

常にスタッフとコミュニケーションがとれるので、困ったときはすぐにスタッフが対応してくれます。

24時間ジムに入会するつもりで仕事をされている方は、平日はほぼスタッフとのコミュニケーションが取れないと思っていたほうがいいです。

Tommy
Tommy

スタッフさんのアドバイスが欲しい人は、スタッフのいる時間帯になるべく行きたいね!

深夜のセキュリティ面が不安

24時間ジムはセキュリティ面がしっかりしているのですが、スタッフがすぐに対応できないという点では、女性の方は不安に感じると思います。

深夜の時間帯では何かあったときも、すぐに誰かが対応してくれるわけではないので、深夜利用の多い女性の方は、デメリットに感じるかもしれません。

やはり、スタッフがいないというのが24時間ジムの一番のデメリットになるかもしれません。

日付が変わる前くらいの時間帯であれば利用者の方も多くいると思います。

しかし、深夜帯の時間帯は知らない男性と女性が二人きりになるということもありえるので、不安に思うのは当然だと思います。

私の通っているエニタイムでは女性が安心して深夜でも使えるように、監視カメラがいたるところにあります

そして、すぐ警備会社に通報できるように緊急用のボタンがあるのでそういう面では安心できると思います。

「それでもスタッフがいないのはやっぱり・・・」ということであれば、フィットネスジムに入会して、スタッフがいるところで筋トレしたほうがより安心かなと思います。

Tommy
Tommy

女性の方はセキュリティがしっかりしていても、スタッフがいないと不安に感じる人もいますよね。

スポンサーリンク

24時間ジムとフィットネスジムとの違い

24時間ジムにあるダンベル

24時間ジムとフィットネスジムは、価格・設備・サービス・スタッフの有無すべてが違います。

24時間ジムはマシントレーニングに特化したトレーニングジムです。

シャワーやロッカーはあるのですが、フィットネスジムにあるようなお風呂やプール、スタジオはありません。

その分、24時間ジムのほうが料金は安めに設定されています。

また、24時間ジムはスタッフの常駐する時間帯も決まっていて、大体8時から17時までや9時から18時まではいることが多いです。

それ以外の時間帯は、スタッフがいません。

防犯カメラがあったり警備会社にすぐに連絡ができるようになっていたりするので、セキュリティー面には気を使っているようです。

24時間ジムフィットネスジム
価格7,000~9,000円10,000円以上
スタッフの有無夜以降はいない常駐している
設備筋トレマシンのみマシン・プール・スタジオなど豊富
営業時間24時間遅くても0時まで
Tommy
Tommy

24時間ジムはとにかく安くて、利用時間が長いのが特徴ですね!

スポンサーリンク

実際に24時間ジムに通ってみて評価は?

24時間ジムに必要なアイテム

結論から言いますと、24時間ジムは「非常に使いやすいジム」だと思います。

筋トレのマシンが充実していて、自分のライフスタイルに合わせて通えるところは、自分にすごくあっていると感じました。

24時間ジムはフィットネスジムのように、プールやスタジオ、お風呂などはないかもしれません。

しかし、筋トレを目的にジムに通いたい人には全く気にならない点です。

会費もフィットネスジムにいたころの半分とまではいきませんが、だいぶ安く通うことができています。

私の中での唯一のデメリットとすれば、店舗によってマシンの設備にばらつきがあるといったところでしょうか。

A店ではあのマシンがあったのに、B店にはない。

B店には40kgのダンベルがあったのに、A店には30kgまでしかない。

そういったばらつきがあるところが、多少のデメリットと感じました。

しかし、全店舗利用できるので鍛えたい部位に合わせて、店舗が選べるのでそこまでのデメリットではないと思います。

「とにかく筋トレをがっつりやりたいんだ」という人は、迷わず24時間ジムを選択したほうがいいと思います。

ぜひ、24時間ジムで筋トレ頻度を増やして、理想の体を作っていただきたいと思います。

Tommy
Tommy

筋トレをがっつりやりたい人は、24時間ジムのメリットはかなり大きい!