ホームジム用パワーラックのおすすめ5選!【現役トレーナーが厳選】

ホームジム用パワーラックおすすめ5選ホームジム

「スポーツジムじゃなくて、ホームジムで筋トレしたい」
「ホームジムでコスパのいいパワーラックが知りたい」
と、ホームジムにパワーラックを置きたいという方。

自宅でのトレーニングは、器具がないと筋トレの幅が小さくなります。

パワーラックがあると、筋トレ効率の高いBIG3が安全にできるようになります。

しかし、パワーラックはいろいろなメーカーが出していて

悩む人
悩む人

失敗したくない、、、。どれを買えばいいんだろう?

と、悩む人は多いと思います。

そこで、本記事では「ホームジム用パワーラックのおすすめ5選」をご紹介します。

本記事の内容

・ホームジム用パワーラックの選び方

・ホームジム用パワーラックのおすすめ5選

・パワーラックでできるおすすめの種目

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーでホームジムでトレーニングをしています。

私もホームジムを作るときに、買って後悔はしたくないので相当悩みました。

同じような悩みをもっている方は大勢いると思いますので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

Tommy
Tommy

おすすめのパワーラックは5つ!

ホームジム用パワーラックの選び方

ホームジム用パワーラックで筋トレをする男性

ホームジム用のパワーラックで必ず見る必要がある点は2つあります。

①自宅における大きさか確認する

②耐荷重は足りているか

上記2つについて、詳しく解説していきます。

自宅における大きさか確認する

ホームジム用パワーラックの選び方一つ目は「自宅における大きさか確認する」ことです。

自宅におけるスペースがどの程度あるのかは、人によって違います。

せっかく買ったのに、全然置けないじゃん!ということがないようにしましょう。

パワーラックの大きさはどこを見る?

・奥行×横幅×高さをみるようにしましょう。

・特にパワーラックの高さを忘れずにみるようにしよう。

・バーベルを使う人は、バーベルを使うことを想定してスペースを考えよう!

バーベルを使う人はバーベルの幅だけではなく、プレートをつけるためのスペースも想定しておきましょう。

だいたい、バーベルの両端50cmくらいはスペースがあった方が良いと思います。

バーベルの長さが220cmだとしたら、横幅は320cmはとるようにしましょう。

また、忘れやすいですがパワーラックの高さは必ず見ておくようにしましょう

ものによっては、200cmを大きく超えるものもあるので注意が必要です。

高さがギリギリになってしまうと、チンニングができなくなってしまいます。

20cmくらいは高さに余裕があるといいと思います。

耐荷重は足りているか

ホームジム用パワーラックの選び方2つ目は「耐荷重が足りているか」という点です。

耐荷重とは、そのパワーラックが安全に耐えられる重量のことです。

耐荷重が足りないと?

・バーベルを置いたときに、パワーラックが壊れるかもしれないので危険!

耐荷重が300㎏なら、300㎏のバーベルを置いても大丈夫ということです。

ものによっては、200㎏も耐えられないパワーラックがあるので、必ず確認して購入しましょう。

また、注意しなければならないのが耐荷重は「静止している重さ」ということです。

たとえば、ベンチプレス100㎏挙げたときに勢いよくラックに戻せば、100㎏以上の衝撃がかかります。

このとき耐荷重量が100㎏であれば、壊れるかもしれませんね。

耐荷重には、自分が扱う重量よりも50kg程度の余裕があると、安全に使えると思います。

Tommy
Tommy

本記事ではその2つを記載して、紹介しているよ!

ホームジム用パワーラックのおすすめ5選

ホームジム用パワーラックを使う男性

ホームジム用のパワーラックでおすすめは3つあります。

値段もピンからキリまでですが、コスパと機能性のバランスを考えて3つを厳選してご紹介します。

上記のパワーラックはホームジムで使うのであれば、十分だと思います。

もっといえば、パーソナルトレーニングジムで使われていることもあるので、耐久性は間違いないと思います。

では、ひとつずつご紹介していきます。

もっともコスパがいい「アイロテック HPM」←イチオシ!

ホームジム用パワーラックでおすすめする一つ目の商品は「アイロテックのパワーラック」です。

アイロテックのパワーラックの特徴

・耐荷重が450㎏もあるので、安心

本記事でご紹介するパワーラックの中で最安値

値段が手ごろで、今回ご紹介するパワーラックの中では最安値となっています。

安かろう悪かろうではなく、耐荷重が450㎏あるのでBIG3をやる上でも問題ありません。

唯一のデメリットといえば、塗装面が剥げやすくて傷みやすいことです。

特にトレーニングをやる上ではデメリットではないので、気にしない方はいいかもしれません。

高級感を求めていないのであれば、機能面や価格面でみてもアイロテックのパワーラックが一番かと思います。

オススメする人

・とにかくパワーラックが欲しい人

・最低限の使い勝手で十分な人

サイズ奥134×幅116×高201cm
本体重量107㎏
耐荷重450㎏

ワンランク上の高機能パワーラック「パワーテック WB-PR19」

ホームジム用パワーラックでおすすめ2つ目は「パワーテックのパワーラック」です。

パワーテックのパワーラックの特徴

・塗装がしっかりしているので、高級感がある

・土台が安定しているので、高重量でもグラつかない

黒を基調としたデザインなので、高級感があり気持ちも昂ります。

安全バーの金属部分の上に、一枚ラバー状の素材を付けているので傷つく心配もありません。

デメリットは、値段が高いことです。

値段が高いといっても、他にももっと高いパワーラックはあります。

しかし、「アイロテックのパワーラックHMP」と使い勝手はそこまで変わりません。

見た目と器具自体の素材をとるのであれば「パワーテックのパワーラック」が良いと思います。

オススメする人

・安くて高級感のある器具を使いたい人

・なるべくパワーラックに傷をつけたくない人

サイズ奥129×幅127×高210cm
本体重量97㎏
耐荷重454㎏

スチールフレックスのパワーラック

ホームジム用のパワーラックでおすすめ3つ目は「スチールフレックスのパワーラック」です。

スチールフレックスの特徴

・バーベルラックを付け替える必要がない

・備え付けであるチンニングバーのバリエーションが豊富

スチールフレックスのパワーラック」の一番の特徴は、バーベルラックの高さ調節が必要ないことです。

なぜなら、最初からバーベルラックが等間隔でつけられているので、任意の位置に置けるのです。

また、備え付けられているチンニングバーのバリエーションが豊富です。

リバースチンニングやニュートラルグリップでのチンニングもできるのは、うれしいですね。

唯一のデメリットは、土台の中央に補強するための板がついていることです。

ベンチプレスをやるときは、パワーラック内に移動させる必要があります。

そのときに、その板に乗り上げる必要があるので少し邪魔になります。

あとは、スクワットをパワーラック内でやるときに、板を踏まないようにやるので気を使います。

スチールフレックスのメリットと比べて、特に気にならない人は購入してもいいと思います。

オススメする人

・チンニングで背中を鍛えたい人

・バーベルラックの調節が面倒な人

サイズ奥139×幅120×高209cm
本体重量128㎏
耐荷重350㎏

タフスタッフ社の最高級品質のパワーラック「CPR-265」

ホームジム用のパワーラックでおすすめ4つ目は「タフスタッフ社のパワーラック」です。

タフスタッフの特徴

・安全バーの高さ調節がレバー式なので、めちゃくちゃ楽

・バーベルラックもフック式なので、一瞬で調節できる

実際にトレーニングしてみるとわかるのですが、安全バーの調節って時間かかるんですよ。

バーベルラックも外して、高さをみて付け替えて、逆も同じように、、、、。

時間にしたら、レバー式と抜き差しするタイプは数十秒の違いだと思います。

しかし、セット毎に高さを変えていたら筋トレ時間もかかってしまいます。

安全バーとバーベルフックの調節が楽なだけでも、かなりストレスは軽減されます。

タフスタッフのパワーラックのデメリットは、耐荷重が他と比べて少ないことですね。

他のものは、最低でも350㎏以上はありますがタフスタッフは272㎏です。

しかし、デッドリフトを含めてBIG3で272㎏以上やる人はほぼいません。

品質、価格、使いやすさと比較したら、デメリットにはならないかもしれませんね。

個人的には、この「タフスタッフのパワーラック」はいずれ買いたいくらい品質はいいと思います。

オススメする人

・バーのつけかえが面倒だと思っている人

・高品質なものを長く使いたい人

サイズ幅130×奥145×高213cm
本体重量97㎏
耐荷重272㎏

見た目・品質を徹底的にこだわるならBULLのパワーラック「BL-PR」

ホームジム用のパワーラックでおすすめ5つ目は「BULLのパワーラック」です。

BULLの特徴

・プレートを収納できるバーがついている

・フックの高さが8cm刻みで調節可能なので、どんな人にでも対応可能!

・黒と赤を基調としたデザインで、見た目がかっこいい

とにかくフレームが頑丈で、安定感があります。

パワーラックの後方にはプレートを収納できるバーがついているので、無駄なスペースがありません。

また、フックの高さが8cm刻みになっています。

ひとつ高くすると高すぎる、ひとつ低くすると低すぎるといったことがなくなります。

さらに、バーには樹脂加工されていますので、バーベルがあたって傷がつくというのも少なくなります。

とにかく、値段が高い分だけ、品質は最高のものになっています。

ここまでくると、業務用じゃないかな?という気もします。

BULLのパワーラックのデメリットは、他のパワーラックと比べると値段が高いことです。

タフスタッフのパワーラックと比べると、2倍以上の値段がします。

そのかわり、傷がつきにくいように加工されていたりバーの高さ調節が細かくなったりしています。

最終的に本格的なホームジムを作るなら購入してもいいと思いますが、あえて買う必要もないかなと思います。

オススメする人

・とにかく高品質で頑丈で長く使えるものがいい!という人

サイズ奥170×幅173×高 227cm
本体重量150㎏
耐荷重表記なし
Tommy
Tommy

大きな違いはないから、「アイロテックのパワーラック」がおすすめ!

パワーラックと合わせてホームジムの器具をみたいなら、下記の記事をお読みください。

関連記事:ホームジムにおすすめの器具5選【現役トレーナーが徹底解説】

パワーラックでおすすめの種目

パワーラックのおすすめ筋トレ種目をやる男性

パワーラックでおすすめの筋トレ種目は「BIG3」です。

・ベンチプレス

・スクワット

・デッドリフト

この3種目は、パワーラックがあるなら必ずやるべき種目です。

パワーラックは安定性もあり耐荷重もしっかりあるので、安全にBIG3を行うことができます。

環境が整っていなければ、BIG3をやることができません。

ホームジムでパワーラックも購入出来たら、BIG3をやって全身を鍛えるようにしましょう。

筋トレ初心者であっても、BIG3ができるのであれば絶対にやるべきです。

筋トレBIG3について、下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:筋トレBIG3だけでも体は大きく変わる【初心者こそやるべき】

ホームジム用パワーラックは大きな違いはありません。

しかし、筋トレをやっていくと細かい使い勝手も気になってくるので、安すぎるパワーラックはおすすめしていません。

中には、5万円以下で買えるものもありますが、耐荷重が少なかったり不安定なものになります。

本記事でご紹介したホームジム用パワーラックは、どれも自信をもっておすすめしています。

最終的には、見た目の好みや予算できめるのが良いと思います。

ぜひ本記事を参考にしていただき、ホームジム用のパワーラックを購入してみてください。

Tommy
Tommy

ホームジム用パワーラックがあれば、筋トレが捗ること間違いなし!

コメント