胸のトレーニング

【大胸筋の鍛え方】ダンベルや自重トレーニングで分厚い胸板を作ろう

大胸筋の鍛え方で悩んでいませんか?腕立て伏せの1種目だけでは、なかなか大胸筋は成長しません。ダンベルや自重トレーニングのバリエーションを増やして、大胸筋を鍛えましょう。本記事でダンベルや自重トレでの大胸筋の鍛え方を詳しく解説していきます。
ダイエット

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは何?【落とし方についても解説】

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは何かわかりますか?脂肪のつく場所によって名称が変わり、皮膚の下につくのが皮下脂肪。内臓の周りにつくのが内臓脂肪です。本記事では皮下脂肪と内臓脂肪の違いや、脂肪の落とし方などを詳しく解説いたします。
ダイエットの食事

「炭水化物が太る原因」というのは嘘!太る人は単純に食べ過ぎている

炭水化物は太る原因になるという情報は嘘だと思いましょう。正確には、炭水化物だけではなく食べ過ぎればどんな食材でも太るということです。本記事では、太る原因は炭水化物ではなく食べ過ぎによるものだということを、わかりやすく解説しています。
バルクアップの方法

バルクアップ期の体脂肪率はどこまで増やす?筋肉だけを増やす方法

バルクアップで超えちゃいけない体脂肪率はご存知でしょうか?バルクアップは体重を増やすことが目的なのではなく、筋肉を増やすことが目的です。体脂肪率が増えるということは脂肪の割合が増えてくると言うことなので、体脂肪率の上限を決めましょう。
脚のトレーニング

スクワットで膝の負担を軽減する方法。膝ではなく股関節を意識しよう

スクワットは間違ったフォームでやり続けると、膝の負担が大きく怪我をすることがあります。正しいフォームを覚えて、膝の負担を軽減するようにしましょう。本記事で膝の負担を軽減するスクワットフォームについて、詳しく解説していきます。
筋トレメソッド

【筋トレ】理想の回数とセット数は?10回3セットはもう古い

筋トレで理想の回数とセット数は、筋トレ歴やレベルによって変わります。よく言われる10回3セットでやっているのであれば、筋トレ効果が頭打ちになるのも時間の問題です。本記事で、理想の回数やセット数について詳しく解説しております。
フリーウエイト

フリーウエイトは初心者こそやるべき。筋トレメニューに取り入れよう

フリーウエイトは筋トレ初心者にこそ、やってもらいたい種目です。一種目で鍛えられる筋肉が多いので、効率的に筋肉を鍛えることができます。初心者の方は、筋トレ効果を早く実感できるようにフリーウエイトをメニューに取り入れることをオススメします。
背中のトレーニング

【筋トレ】デッドリフトは効果絶大。全ての人にオススメする理由5つ

デッドリフトの筋トレ効果は絶大です。デッドリフトは高重量を扱える種目なので、鍛えられる筋肉量が非常に多いです。一種目で得られる筋トレ効果が高い種目なので、やらない理由はありません。本記事では、デッドリフトの筋トレ効果について詳しく解説しております。
肩のトレーニング

【筋トレ】肩が大きくならない人は、レップ数を意識しよう!

筋トレをしても肩の筋肉が大きくならない人は、重量ではなくレップ数を意識した筋トレに変えてみよう。いくら高重量で筋トレができても、効かせたい筋肉に効いていなければ意味がない。20~30レップできるくらいの軽い重量で肩の筋肉を鍛えよう。
筋トレメソッド

筋トレは効かせることが重量【筋肉に効かせるコツも解説】

筋トレで筋肉に100%効かせるコツは、正しいフォームにあります。重量にこだわって無理な重さで筋トレをしてしまうと、効かせるべき筋肉に効かないばかりか、怪我のリスクがあります。本記事では筋トレで筋肉に効かせるコツを詳しく解説していきます。