筋トレを毎日したいなら部位別に鍛えよう【それでも休みの日は必要】

筋トレを毎日してる男性分割法
スポンサーリンク

「筋トレを毎日したいけど効果はあるの?」
「筋トレを毎日するための鍛え方は?」
と、筋トレを毎日したいけど効果があるのか不安という方。

筋トレは毎日しないほうがいいといわれますが、鍛え方によっては効果はちゃんとでます。

筋肉にきちんと休む時間を与えるために、毎日鍛える部位を変えればいいのです。

完全に休むと休み癖がつくと心配な方は、部位を変えて毎日鍛えるようにするのがおすすめです。

そこで本記事では、「毎日筋トレをするために部位を分けて鍛える方法」について詳しく解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで私自身も週4~5日で筋トレをしています。

毎日全身を鍛えていては体がもちませんし、筋肉も成長しません。

効率的に筋肉を成長させるためにも、部位別に分けて筋トレの頻度を高くしています。

どんどん筋トレの頻度を高めて、筋肉をもっと成長させたいと思っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

Tommy
Tommy

筋トレを毎日したいなら部位を分けて鍛えるべきだよ!

スポンサーリンク

筋トレを毎日したいなら部位別に鍛えよう

筋トレを毎日するために部位別に鍛えている男性

筋トレを始めてころは、週1~2回で毎回全身を鍛えていたのではないでしょうか。

その感覚で毎日全身を鍛えてしまうと、筋肉は休まることができないので成長しなくなります。

筋トレの頻度を上げて毎日でも鍛えたいのであれば、部位を分けて鍛えることをオススメします。

部位を分けて鍛えられれば、前日に鍛えた部位を休めながら今日は別の部位を鍛えることができます。

2分割法や3分割法、4分割法といった部位を分けて鍛える方法があります。

関連記事:筋トレに慣れてきたら2分割法で鍛えよう【具体的なメニューと分け方】

関連記事:筋トレの3分割法で効率的に筋肥大させよう【最適なメニューを紹介】

関連記事:筋トレの4分割法で弱点部位を克服しよう【おすすめのメニューを紹介】

筋トレの頻度が週5日以上を確保できるのであれば、筋トレの4分割法をオススメします。

仕事をしながら週5日以上の筋トレを確保し続けるのは難しいので、筋トレ頻度によって分割法を変えてみましょう。

筋トレを毎日でもしたいなら、全身を一気に鍛える方法ではなく部位を分けて鍛えてみましょう。

Tommy
Tommy

筋トレを毎日やっている人は、必ず分割法を取り入れているよ!

スポンサーリンク

筋トレを部位別にして毎日やるメリット

筋トレを毎日やって体を鍛えている男性

筋肉が休める

筋トレを部位別で毎日鍛えることで、鍛えていない筋肉は休むことができます。

もし仮に、全身を毎日鍛えていたら、休みなく鍛えていることになります。

一回に鍛える部位を少なくして毎日鍛えていれば、毎日違う部位を鍛えることができます。

例えば、上半身の前面と上半身の後面と下半身を分けて鍛えるようにします。

上半身の前面(胸や三角筋前部、上腕二頭筋など)を鍛えているときは、それ以外の筋肉は休むことができます。

上半身の後面(背中や三角筋後部、上腕三頭筋など)を鍛えているときは、それ以外の筋肉は休むことができますよね。

3分割で全身を鍛えることができれば、最低でも中2日は休むことができるので休息としては十分です。

筋肉は休んでいる間に成長していくので、鍛えていない日を作ることが大切です。

筋トレを続けることが習慣になる

週2回の筋トレをしているということは、週5回は休んでいるということになります。

人間はサボりたくなる生き物なので休みがあると、そのまま筋トレをしなくていいやという気持ちになってしまいます。

しかし、部位を分けることで筋トレが毎日できるようになるので、休むということがなくなります。

休みがなくなれば、筋トレを続けることが当たり前になるので、習慣にすることができます。

毎日同じことをやるというのは、最初のうちは大変です。

しかし、慣れてくると続けることが当たり前になるので、逆に休むのが嫌になってきます。

こうなるともうこっちのもので、筋トレをやめるということがなくなり、継続することができます。

筋トレは続けていけば、必ず成果がでてくるものなので、習慣にすることはとても大切です。

毎日筋トレを続けられるように、ぜひ部位別に鍛えることをオススメします。

Tommy
Tommy

毎日筋トレをしていても、筋肉は交代で休んでいるから苦痛ではないんだね!

スポンサーリンク

筋トレは毎日するのもいいけど、休みの日も必要

筋トレを休んでプールに来た女性

筋トレを毎日するための方法をお伝えしてきましたが、実は完全に休みの日を作ったほうが筋肉の成長には良いです。

高重量を扱うような種目はメインで使っている筋肉以外の筋肉も、当然使うことになります。

ベンチプレスは胸の種目なのですが、踏ん張るときに脚の筋肉も使います。

徐々に疲労は蓄積してきてしまうので、すべての筋肉を休ませるためにも完全に休みの日を作るべきです。

理想は3日筋トレ→休み→3日筋トレ→休みというサイクルがいいですね。

休み筋トレ筋トレ筋トレ休み筋トレ筋トレ

いくら部位を分けて筋肉が交代で休んでいるといっても、体の疲労感も蓄積していきます。

毎日やりたい気持ちはすごくよくわかりますが、休むのも筋トレのうちだということです。

時間があって毎日筋トレができるという人でも、必ず休みの日を作るようにしましょう。

Tommy
Tommy

筋トレは鍛えることだけじゃなくて、休むのも大切だね!

筋トレを毎日したいのであれば、全身を一回で鍛えるのではなく部位を分けて鍛えるようにしましょう。

毎日全身を鍛えてしまうと、オーバーワークとなり怪我のもとになります。

関連記事:筋トレのやりすぎで起こるオーバーワークとは?症状や予防法を知ろう

上手に分割法を駆使して、筋肉を休ませながら鍛えていきましょう。

また、毎日筋トレができる人でも、疲労がたまってきたなと思ったら筋トレ自体を休みましょう。

完全に筋トレを休みにする日も大切で、体全体の疲労をとるためにも休むようにしましょう。

筋トレを毎日したいなら部位を分けて鍛えるようにして、体調と相談しながら休みの日を作りましょう。

Tommy
Tommy

筋トレを毎日したいという人も、休みの日は必要だよ!

コメント