プロテインで太る人は飲み方を間違えている【飲んだら太るは勘違い】

プロテインとバーベルサプリメント
スポンサーリンク

「プロテインを飲んだら太るけど、飲み方を間違えている?」
「プロテインの太らない飲み方が知りたい」
など、プロテインの飲み方でお悩みの方。

よく「プロテインは運動していない人が飲むと太るよ」とか「太りたいならプロテイン飲みなよ」といわれることがあります。

プロテインダイエットという言葉もあるのに、なぜプロテインを飲むと太るという人がいるのでしょうか?

まだまだプロテインについての知識は、間違った広がり方をしています。

そこで本記事ではプロテインの飲み方について詳しく解説していきます。

この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで自分自身も筋トレをしているので、毎日プロテインを飲んでいます。

減量中の時期にもプロテインを飲んでいます。

プロテインは正しく飲めば低カロリーで飲めて栄養素が豊富なので、ダイエットには最適の食品になります。

記事を読んでいただければプロテインを安心して飲めるようになると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

Tommy
Tommy

プロテインは正しく飲めばダイエット効果あり!

スポンサーリンク

プロテインで太る人は飲み方を間違えている

太ることを気にして体重を計る人

プロテインは運動しない人が飲むと太るといわれていますが、結論から言うとプロテインが原因で太ることはありません。

単純に、プロテインの飲むタイミングや量などを考えずに、飲み方を間違えていることが多いです。

プロテインのカロリーは1杯あたり約100kcalなので、1日1~2杯飲んだ程度では太ることはありません。

仮に、プロテインを飲んでから太ったというのであれば、もともとの食事量が多いのでしょう。

人が太るときというのは、「摂取したカロリー>消費したカロリー」になると太ります。

1日の摂取カロリーは食事から摂るのがほとんどですから、プロテインが原因で太ることはありません。

プロテインは栄養素がたくさん入っていて低カロリーなので、ダイエットに向いている食品です。

そのプロテインを太る原因だとして飲まなくなり、太る原因の食事を続けるのは非常にもったいないなと感じます。

運動をしていなくてもタンパク質が足りていないと感じるのであれば、プロテインを飲むべきです。

プロテインを飲んで太ったのであれば、食生活を見直してみましょう。

Tommy
Tommy

プロテインを飲むことで太ることはまずありえない。

スポンサーリンク

プロテインを飲むと太るパターン

プロテインをたくさん飲んでいる人

栄養素が足りているのにプロテインを飲んでいる

食事で栄養素が足りているのに、さらにプロテインを摂取した場合は太ることになります。

プロテインはタンパク質を主成分とした食品なので、タンパク質が足りていない場合に摂取するものです。

もし、食事だけでタンパク質が十分に足りているのにプロテインを飲めば、オーバーカロリーになるのでその分は体重が増えてしまいます。

食事量は一切変えずに間食でプロテインを飲んだり、起床後や寝る前に飲むとカロリーオーバーになりやすいです。

Tommy
Tommy

食事でしっかり栄養素が摂れているのに、それに加えてプロテインを飲んだら太る!

プロテインを飲みすぎている

プロテインダイエットという言葉を勘違いして、1日何杯もプロテインを飲む人は太ることになります。

120kcalあるプロテインを何杯も飲めば、カロリーをその分摂取しているので摂取カロリーは増えてしまいます。

このパターンに多いのがプロテインを飲めば痩せると勘違いしている人です。

一般的なイメージで、プロテインを飲んでいる人は筋肉があって引き締まっている人というのがあると思います。

それに加えてプロテインダイエットという言葉のせいで、「プロテインは飲めば筋肉がついてやせるんだ 」と思って大量に飲む人が太ることになります。

何度も言いますが、プロテインはタンパク質を効率的に摂取するための食品です。

低カロリーで飲めるものなので、何かに置き換えて飲む分にはダイエット効果があります。

しかし、食事の量を変えずに飲めば飲んだ分だけ痩せると思って大量に飲むと、当然オーバーカロリーで太ることになります。

Tommy
Tommy

1杯100kcalのプロテインだって、飲み過ぎたら太るよ!

プロテインが何かわからず飲んでいる

プロテインがなんなのかわからないのに、みんなが飲んでいるから飲むという人は太る傾向にあります。

プロテインを飲めば筋肉がつくとか、プロテインを飲めば痩せるという理由で飲んでいる人は、飲めば飲む分だけ効果があると勘違いしています。

前述している通りプロテインはタンパク質を主成分とした飲み物で、カロリーも0kcalではないと理解していれば、飲みすぎてはいけないことがわかると思います。

まず、プロテインの目的をはっきりしてなぜ飲む必要があるのかを理解したうえで、飲むようにするのがいいと思います。

筋肉をつけたいのであれば、筋トレ前や筋トレ後に飲むようにする。

痩せたいのであれば、カロリーの高いものをプロテインに置き換えたりする。

まずは、プロテインをなぜ飲むのかをはっきりさせよう。

Tommy
Tommy

プロテインはカロリーがあって、タンパク質の塊だということを知っておこう。

プロテインを牛乳で割って飲んでいる

プロテインを牛乳で割って飲んでいる方は、カロリーが高くなってしまうので太ることが多いです。

牛乳は脂質が高く、1杯当たりのカロリーも高いです。

せっかくプロテイン自体のカロリーが低いのに、おいしく飲みたいからと牛乳で割ってしまうとオーバーカロリーになりやすいです。

ダイエット目的や素早くタンパク質を吸収したいというのであれば、牛乳ではなく水で割って飲むようにしましょう。

Tommy
Tommy

基本、プロテインは水で割るのが一番吸収率もよくておすすめ!

スポンサーリンク

太らないプロテインの飲み方

プロテインが入っているボトル

プロテインの太らない飲み方は、今の食事の中で置き換えて飲む方法です。

この記事で何度もプロテインはカロリーがあり、飲んだ分は摂取カロリーになるといってきました。

プロテインの効果を得て体重を増やしたくないのであれば、食事の中に組み込む方法が一番いいです。

例えば、朝食でパンを食べているのであれば、その代わりにプロテインを飲むようにする。

間食におやつを食べているのであれば、プロテインに変える。

カロリーの高い食べ物の代わりにプロテインを飲むことで、摂取カロリーを抑えることができ十分栄養素が摂れるのでダイエットには最適だと思います。

Tommy
Tommy

カロリーの高い食品をプロテインに置き換えると、摂取カロリーを抑えることができる!

プロテインはダイエットに非常に効果的なのですが、間違った伝わり方をしていて、飲めば飲む分だけ痩せると思われていることもあります。

そういった場合は、プロテインの飲みすぎで体重が増えることもありますので、注意が必要です。

しかし、プロテインは低カロリーで多くの栄養素がとれるので、正しく飲めばダイエット効果があるのも事実です。

今の食事に置き換えたり、運動をし始めたら飲むようにすれば太ることなくプロテインの効果を得ることが可能ですよ。

まずはプロテインについての正しい知識を身に付けましょう。

Tommy
Tommy

プロテインを飲んで太ることは、まずないよ。